旅行記

セントレジスシンガポールの朝食『BRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)』のご紹介

2019年シンガポール家族旅行で泊まったセントレジスシンガポールの朝食会場『BRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)』のビュッフェメニューをご紹介します。

ブラッセリー・レ・サブールという発音で合っているのかわかりませんが、トリップアドバイザーにはそう書いてあったのでそれに倣って使わせていただきます。

ブラッセリー・レ・サブールの朝食料金

マリオットの公式ページを見ると朝食ビュッフェ料金は48.00SGD(約3,800円)となっています。

子供は半額か、マリオット会員であれば6歳か12歳まで無料だと思います。

うちの場合はアメックスのFHRで予約したので大人2名分の朝食無料、あとは4歳の娘も無料でした。

また、マリオットのプラチナエリート会員以上であればウエルカムギフトで朝食無料も選ぶことが可能だと思います。

ブラッセリー・レ・サブールのビュッフェメニュー

ブラッセリー・レ・サブールのビュッフェメニューをご紹介します。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

パンは各種。種類は多くも少なくもなく、普通という感じです。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

卵料理やフレンチトースト、あとは白米もあります。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

もちろん、エッグステーションもあるので好みの卵料理をリクエストすることもできます。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

ホテルビュッフェでは、毎回オムレツを頼むことにしています。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

巻き寿司、茶碗蒸し、あとは中華メニューなど。

東南アジアでは、巻き寿司が人気でほとんどのホテルで置かれている気がします。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

お粥、飲茶、あとは中華ビュッフェ定番の揚げパンみたいなのもありました。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

サラダ各種。シンガポールはインド系の旅行者も多く、豆などが多かった気がします。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

シリアル、ドライフルーツ、牛乳やヨーグルトといった朝食定番メニューも。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

フルーツもいろいろありました。フレッシュジュースは2種のみでやや少なめ。

ヌードルステーションもありました。

席数自体が少ないので、メニューもそこまで豊富というわけではありませんでした。

前週にバリのセントレジスに泊まった時、そこの朝食が最高過ぎたので、シンガポールのセントレジスはイマイチと感じてしまったかもしれません。

セントレジスバリ『ボネカ』の朝食はこちら

セントレジスバリBoneka(ボネカ)
セントレジスバリ『Boneka(ボネカ)』で最高の朝食┃豪華なオーダーメニュー、ビュッフェの品揃えをご紹介セントレジスバリと言えば朝食会場の『Boneka(ボネカ)』が有名です。 バリのセントレジスで楽しみにしていたのは巨大ラグーンプー...

ブラッセリー・レ・サブールのアラカルトメニュー

セントレジスシンガポールのブラッセリー・レ・サブールでも少しですが、別途注文できるアラカルトメニューがあります。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

こちらがドリンクメニュー。画像がピンぼけしてしまってすみません。

ビュッフェコーナーはフレッシュジュースなど少なめでしたが、アラカルトでいろいろ頼めるようです。

ただ、満席だとスタッフもすぐ呼び止められないことがあるのでアラカルトはちょっと面倒です。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

こちらは食事のメニュー。

フレンチトースト、お粥、パンケーキ、ワッフルなどブレックファースト定番のメニューをアラカルトで頼むことができます。

せっかくなのでいくつか頼んでみました。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

こちらはパンケーキ。

ビュッフェコーナーにもパンケーキはあるのですが、フルーツが少し乗っています。もしかするとパンケーキ自体は大差ないかもしれません。

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

こちらはフレンチトースト。これもビュッフェであったようななかったような。

パンケーキもフレンチトーストもどちらも美味しかったです。たとえビュッフェで同じのがあっても盛り付けてもらうと美味しく感じますね。

まとめ

セントレジスシンガポールBRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)

セントレジスシンガポールの朝食会場、BRASSERIE LES SAVEURS(ブラッセリー・レ・サブール)のまとめです。

ブラッセリー・レ・サブールまとめ
  • 会場はやや狭い(朝はほぼ満席?)
  • マリオットプラチナエリート以上で無料選択可

特筆することはほとんどない、普通のホテルビュッフェという感じですね。

一応、セントレジスはマリオットの最上位ブランドですが、国によってサービスにも差があります。

マカオのセントレジスはシンガポールと似たような感じ。やはり別格はバリのセントレジスですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。