旅行記

リッツカールトンバリのクラブラウンジレポート

バリ、ヌサドゥアにあるリッツカールトンバリのクラブラウンジレポートです。

リッツカールトンのラウンジなので朝食やカクテルタイムはもちろんのこと、軽食ランチやアフタヌーンティーなど、合計5回のフードプレゼンテーションがあります。

内容は間違いなく充実しているのですが、その分、マリオットのステータスで無料利用可能となることはありません。

予めラウンジアクセス付きの部屋に泊まるか、チェックイン時に追加料金を支払うことでクラブラウンジの利用が可能となります。これはバリに限らずどこのリッツカールトンのラウンジもそういう仕様です。

その辺りも含め、詳しくご紹介していきます。

リッツカールトンバリのクラブラウンジ

リッツカールトンバリクラブラウンジ

リッツカールトンバリのクラブラウンジの場所、営業時間、利用条件などを解説します。

クラブラウンジの場所

リッツカールトンバリのクラブラウンジはそれ専用で独立した建物になっています。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

この地図でいうところの赤丸8番。他はヴィラやホテルとなっており、敷地内でも中心部近くと言えます。

詳しくはリッツカールトンバリ公式サイトの見取り図を見てもらうのが確実かと。

15番や16番のホテル棟、あとは17番のヴィラからだと近いですね。逆側のホテルやヴィラだと少し歩く必要があります。

ちなみに自分は16番のホテル棟に泊まりましたが、歩いて5分くらいの距離でした。

また、似たような名前で『リッツカールトンラウンジ&バー』というのがありますが、そちらは普通のバーとなっており、クラブラウンジではありません。

クラブラウンジの営業時間

クラブラウンジの営業時間は7:00~22:00となっています。

朝食7:00~11:00
軽食ランチ12:00~14:00
アフタヌーンティー14:30~16:30
軽食ディナー(カクテルタイム)17:00~20:00
デザートタイム20:00~22:00

冒頭でも書きましたが、リッツカールトンのクラブラウンジということで内容が充実しています。

  • 朝食
  • 軽食ランチ
  • アフタヌーンティー
  • 軽食ディナー(カクテルタイム)
  • デザートタイム

と、全5回のフードプレゼンテーションが行われます。

また、一応は17:00~20:00がカクテルタイムとなっており、数種のアルコール類が提供されますが、その他の時間帯でもワインとビールは常にいただくことができます。

クラブラウンジの利用条件

こちらも冒頭で書きましたが、リッツカールトンの場合はマリオットグループであってもステータスだけでラウンジアクセスは付与されません。

プラチナエリートでもチタンエリートでもアンバサダーエリートでもクラブラウンジ利用は別途追加費用が必要。(噂では非公式で更に上位ステータスがあり、そちらはリッツのラウンジアクセスも付くようです。)

リッツカールトンバリクラブラウンジ

クラブラウンジの追加費用はこんな感じになっています。

利用条件をまとめると

  • クラブラウンジ付きの宿泊者
  • もしくは1名につき1日1,400,000IDR(税サ別)の追加料金(子供は1名に1日700,000IDR(税サ別)の追加料金)

このようになっています。

マリオットボンヴォイのステータスで無料アクセスは付いてきませんが割引はあります。

ゴールドエリートの割引率はわかりませんが、プラチナエリートは1名に付き1日1,100,000IDRの追加料金で利用可能となります。約20%オフという感じです。

いずれにせよ、大人2人以上で利用する場合はチェックイン時の追加料金よりも、予めラウンジアクセス付きで予約して方が安く済みます。

クラブラウンジの様子・広さ

リッツカールトンバリクラブラウンジ

リッツカールトンバリのクラブラウンジは一棟丸々使っているのでそこそこ広いです。

テーブル席が外も併せて15以上あるので15家族以上が利用可能。奥には半個室の席もあるので小さい子連れでも気兼ねなく利用することができます。

そもそも有料なので利用者も少なく、滞在中どの時間帯でも席が全て埋まっているということはありませんでした。

また、写真を撮り忘れたのですが、外にはラウンジ利用者専用のプールもあります。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

プール沿いにはビーチチェアもあり、こんな感じで水着のままラウンジ内の食事や飲み物をいただくこともできます。

ただ、ラウンジ内に入る場合は水着や裸のままではダメで、タオルを巻いたりして露出を控える必要があります。

クラブラウンジの朝食

クラブラウンジの朝食は7:00~11:00となります。

先に言うと、朝食は『SENSES(センシズ)』でいただいた方がメニューが圧倒的に多いのでラウンジはおすすめしません。

クラブラウンジでの朝食は、「朝はあまり食べないので静かにいただきたい」という人向けです。

とりあえずメニューを紹介します。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

パンはこんな感じです。豊富とは言えませんがそこそこの種類がありました。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

ベーコンやソーセージ、ポテトなどの定番朝食メニュー。最低限は揃っていますが、逆を言うとこれしかありません。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

飲茶、シリアル、スープなど。こちらも豊富とは言えません。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

サラダやチーズ、フルーツなど、量はありませんが品数は多かった気がします。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

ミルクやミネラルウォーターなど。あとはなぜかヤクルトがありました。

その他、フレッシュジュースやコーヒーなどは別途オーダーメニューとしてあります。

朝食はアラカルトメニュー(オーダーメニュー)もある

クラブラウンジの朝食はビュッフェとは別でオーダーメニューもあります。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

こちらは卵料理。ホテルのエッグステーションと同等のオーダーができます。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

オーソドックスなオムレツを頼んでみましたがこんな感じでした。

まー味も普通です。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

こちらはリッツカールトンバリのオリジナルアラカルトメニュー。

  • 牛肉の煮込み
  • 茶碗蒸し
  • ロブスタースクランブルエッグ

こちらは朝食会場の『SENSES(センシズ)』では頼むことができず、クラブラウンジのみのメニューです。

せっかくなので3種全て頼んでみました。

牛肉の煮込み

リッツカールトンバリクラブラウンジ

牛肉が柔らかく煮込んであります。

味付けが濃いめですが、3種の中では一番美味しかったです。

茶碗蒸し

リッツカールトンバリクラブラウンジ

茶碗蒸しは一応和食なんですかね。

いつも食べている茶碗蒸しとは別ものでバリ風になっています。ポン酢がかかっています。

これは正直、苦手な味でした。

ロブスタースクランブルエッグ

リッツカールトンバリクラブラウンジ

ロブスターエッグも見た目通りの美味しさでした。

ただ、セントレジスバリのロブスターオムレツが美味しすぎて、リッツのこの料理はちょっと霞んでしまいました。

オーダーメニューがあるというメリットもありますが、総合するとやはり『SENSES(センシズ)』での朝食の方が圧倒的にいいと思います。

SENSES(センシズ)についてはこちらの記事をご覧ください。

リッツカールトンバリ『SENSES(センシズ)』
リッツカールトンバリの朝食『SENSES(センシズ)』のビュッフェをご紹介┃キッズコーナーも充実2019年バリ家族旅行で泊まったリッツカールトンバリの朝食会場『SENSES(センシズ)』のビュッフェメニューをご紹介します。 SEN...

クラブラウンジの軽食ランチ

クラブラウンジの軽食ランチは12:00~14:00となります。

内容はその名の通り、軽めのランチメニューです。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

一応、米もあり。チキンや魚といった主菜も数種あります。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

サンドイッチやパンなど。あとは朝食時になかったスイーツも出てきます。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

スープはコーンスープやオニオンスープなど、何かしら一種類。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

この辺はタコスみたいな感じだと思います。フルーツは朝食時より少し品数が減った感じ。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

あとは日替わりで注文できるメニューも。この日はサラダロールでした。

充実しているとまでは言えませんが、ラウンジアクセス権のある人はここでランチを済ませるのもありだと思います。

クラブラウンジのアフタヌーンティー

クラブラウンジのアフタヌーンティーは14:30~16:30。

アフタヌーンティーになると流石に品数は少なくなり、スイーツがメインになります。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

アフタヌーンティー定番のマカロンとインドネシアっぽいスイーツ。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

あとはゼリーみたいなのも。食べてないので何かはわかりませんが。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

あとはケーキ、タルト、スコーンといった定番スイーツ。小さいサンドイッチなどもありました。

クラブラウンジの軽食ディナー(カクテルタイム)

クラブラウンジの軽食ディナーは17:00~20:00となります。

ビールとワインは時間帯関係なく飲めるのですが、この時間帯だけ他のアルコール類も解禁となります。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

ディナーですが、軽食ということでそこまでガッツリのメニューではありません。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

揚げ物やフルーツ、あとは巻き寿司っぽいのも。

バリではなぜか寿司がどのホテルでも出ますが、美味しくはなさそうなので一切食べませんでした。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

蓋を開けてないので分かりづらいですが、チキンや魚、あとはポテト料理などもありました。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

ドリンクはアルコールを含め、基本的には全てオーダーとなります。ソフトドリンクも注文してもってきてもらう感じです。

あとは日替わりで注文できる特別メニューがあります。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

初日はハンバーガーでした。肉はチキンがビーフか選べました。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

別の日にはリゾットでした。好きな具材を選ぶことができます。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

このリゾットはなかなか美味しかったです。リッツカールトンのクラブラウンジで一番美味しいと思いました。

リッツカールトンバリクラブラウンジ

スイーツっぽいのも特別メニューで出てくる日がありました。

一般的なホテルラウンジのカクテルタイムといった品揃え。まー夜にあまり食べないという人はここで夕食を済ませてしまうのもありだと思います。

クラブラウンジのデザートタイム

クラブラウンジのデザートタイムは20:00~22:00となります。

この時間にラウンジを利用しなかったので写真を撮っていないのですが、おそらくはディナータイムで出ていたケーキなどがそのまま継続されるという感じだと思います。

クラブラウンジの特別イベントと特典

リッツカールトンバリクラブラウンジ

チェックイン時に渡されたこの紙を見るとラウンジにて特別イベントも行われているようです。

  • ルワックコーヒープレゼンテーション
  • デイリーカルチャーアクティビティ

すみませんが、こちらも参加していないので写真もなければどういった内容かもわかりません。

ラウンジアクセス権のある宿泊者限定の特典もあります。

  • 毎日各部屋2点までの無料ランドリーサービス
  • クラブラウンジプールの利用
  • モーニングコール注文時、部屋へコーヒー又は紅茶のサービス
  • ラウンジでのチェックアウト

アイロンサービスはよくありますが、ランドリーサービスを無料で行ってくれるホテルは少ない気がします。自分は利用していませんが、水着や汚れてしまった衣服の洗濯を頼むのはありですね。

ラウンジでのチェックアウトも何気に便利です。

リッツカールトンバリのクラブラウンジまとめ

リッツカールトンバリクラブラウンジ

リッツカールトンバリのクラブラウンジですが、どこにも出かけず終日ホテル内で過ごすという人にはおすすめだと思います。

観光やアクティビティでホテルに居なかったり、夕食は外で食べる予定があるならクラブラウンジアクセスを付ける必要もない気がします。

一応まとめておきます。

クラブラウンジまとめ

  • マリオットのステータスだけではアクセス権が付かない(有料で追加する必要あり)
  • 全5回のフードプレゼンテーション
  • 朝食は『SENSES(センシズ)』の方がメニュー豊富でおすすめ
  • 水着でも一応利用可能(タオルや上着で隠せば)
  • ビール、ワインは全営業時間で飲める

こんなところでしょうか。

自分は基本、旅行の際はホテルにずっといるのでクラブラウンジアクセス権を付けて正解でした。

次回行く際もクラブラウンジを利用したいと思っています。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。