旅行記

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールにも再訪!夕方からシャングリ・ラ シンガポールへ移動┃2019年夏休み子連れシンガポール旅行(8日目)

2019年夏休み子連れシンガポール旅行の8日目、セントーサ島最終日、再びシンガポールのオーチャードエリアに戻る日です。

ホテルを移動する前に、もう一度リゾートワールドのユニバーサルスタジオシンガポールへ行ってみることにしました。

人数大人2 子供1(4歳)
日数11泊13日
エアラインシンガポール航空 ビジネスクラス(全て有償)
ホテルセントレジス・シンガポール
ルメリディアン・シンガポール・セントーサ
シャングリ・ラ シンガポール

USSも平日の方が断然空いている

ユニバーサルスタジオシンガポール

3日前にもユニバーサルスタジオシンガポールへ行きましたが、その日はシンガポール&インドの連休シーズンということもあり激混みでした。

この日は平日だったのでウォーターパーク同様、空いていることを期待して行ってみましたが…。

期待通り、平日の方が圧倒的に空いていました。

ユニバーサルスタジオシンガポール

特に朝イチは、ほとんどのアトラクションが待ち時間なしで乗ることができました。

USSも可能であれば平日を狙って行った方がいいですね。

滞在中2度目のUSS

3日前に来て乗れなかったアトラクションを中心に回ってみました。

ユニバーサルスタジオシンガポール

まずはこちらの『エンチャンテッド・エアウェイズ』に乗りました。

プチジェットコースターですね。身長92cm以上であれば保護者同伴で乗れるのでうちの4歳になる娘も大丈夫でした。

朝イチで向かったので待ち時間なし。

ユニバーサルスタジオシンガポール

次に同じシュレックエリアにある『長靴をはいた猫』のアトラクション。

これは意外と人気で、3日前に来た時は60分待ちでした。

この日は待ち時間なしで乗れたので、やはり平日は空いていますね。

ユニバーサルスタジオシンガポール

隣のエリアにある『トレジャー・ハンターズ』も待ち時間10分くらい。

ユニバーサルスタジオシンガポール

本当は自動で動くのですが、子供がハンドルを持って運転した気になれるのでおすすめです。

ユニバーサルスタジオシンガポール

内容はハムナプトラっぽい感じでした。

ユニバーサルスタジオシンガポール

ロストワールドエリアでは『キャノピー・フライヤー』というアトラクションがおすすめです。

ユニバーサルスタジオシンガポール

注意したいのは、サンダルが禁止なので履いて行ってしまった場合は脱いで乗らなければなりません。

ユニバーサルスタジオシンガポール

同じくジェラシックパークエリアにある『ダイノ・ソアリン』はディズニーで言うと空飛ぶダンボ、USJで言うとフライングスヌーピ的なアトラクションです。

これも子供は喜びますね。

ユニバーサルスタジオシンガポール

トランスフォーマのところにあるコーヒーカップ的なアトラクションにも乗ってみました。

スピード感があるので大人も楽しめますね。

子連れだと身長制限もあり、乗れるアトラクションも限られますが、それでも平日空いている時に行った方が間違いなくスムーズです。

USSのおすすめアトラクションや身長制限に関してはこちらの記事にまとめてあります。

ユニバーサルスタジオシンガポール
シンガポール・セントーサ島の『ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)』┃行き方・チケット購入方法・アトラクション・公式アプリなど2019年夏にシンガポール、セントーサ島のリゾート・ワールド・セントーサ内にあるユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)に行ってき...
ユニバーサルスタジオシンガポール

昼食はエルモのところにあるピザレストランで食べました。

ユニバーサルスタジオシンガポール

エルモのハンバーガーセットは子供が喜ぶのでおすすめです。

ユニバーサルスタジオシンガポール

あとはキャラクターグリーティングなどもし、満足して15:00くらいに帰りました。

何度も言いますが、USSを効率的に回るためにも空いている日、できれば平日を狙って行くことをおすすめします。

セントーサ島のシンガポール独立記念日イベント

シンガポールセントーサ

セントーサ島に滞在中、マーライオン公園でシンガポール独立記念日のイベントが行われていました。

シンガポールセントーサ

『PEN A WISH』という願い事を書いて貼るイベントです。日本の七夕みたいな感じですね。

シンガポールセントーサ

娘はここの前を通るたび、毎回何かを書いて貼っていました。

ただ、まだ簡単な平仮名しか書けないので、いつも自分の名前と似顔絵だけでしたけど。

シンガポールセントーサ

すごい数のみんなの願いが貼られていました。

ルメリディアン→シャングリラシンガポールへ移動

USSへ行く前、ルメリディアンホテルは朝早くにチェックアウトは済ませていたので荷物を取りに行きました。

ルメリディアンセントーサ『Latest Recipe(レイテストレシピ)』

荷物を受け取り、次のホテルへ行く前にルメリディアンでアイスをもらってきました。

シンガポールセントーサ

マリオットボンヴォイのキッズプログラムで、アジア圏のマリオットホテルに泊まるとアイスが無料でもらえます。(対象外のホテルもあります。)

アイスをもらってルメリディアンを完全にチェックアウト。

次は再び、シンガポールのオーチャードロード近くにあるシャングリラシンガポールへ向かいます。

移動はGrabでもいいのですが、子連れだとチャイルドシート付きの車種を選ぶ必要があり、料金的にもタクシーと変わらないのでタクシーにしました。

車で20分くらいなのでどちらを使っても大差ありません。

シャングリラシンガポールにチェックイン

今回のシンガポール旅行、3つ目のホテル、シャングリラシンガポールに来ました。

シャングリラシンガポールは

  1. タワーウィング
  2. ガーデンウィング
  3. バレーウィング

と下へ行くほど料金的に高い部屋となります。

バレーウィングだけは別格のサービスとなっており、朝食会場も異なるのですが、1泊50,000円以上し、日によっては10万円くらいするので見送りました。

今回は一番安いタワーウィングのデラックスルームにしました。4泊で1,365.32SGD(約108,000円)でした。

ちなみにシャングリラホテルはヒルトンやマリオットとは異なり、いくらステータスが上位でもルームアップグレードは基本的にありません。

タワーウィングのデラックスルーム

シャングリ・ラ シンガポール

部屋は1907号室。デラックスルームと言っても普通のワンルームタイプなので広さはありません。

シャングリ・ラ シンガポール

キングサイズのベッドが部屋の大半を占めています。

シャングリ・ラ シンガポール

座って書物ができるスペースはここのみ。

シャングリ・ラ シンガポール

テレビはベッドに座ってみるしかありません。一般的なホテルルームです。

シャングリ・ラ シンガポール

更に、子供用にエキストラベッドを用意してくれたので歩くスペースもほとんどない状態でした。

ただ、初めて自分用のベッドを用意してもらえたので、娘はとても喜んでいました。夜も初めて一人で寝ました。

シャングリ・ラ シンガポール

キッズアメニティも。良いホテルはこういう気遣いがあっていいですね。

シャングリ・ラ シンガポール

更に子供向けでリスのぬいぐるみもいただきました。

シャングリ・ラ シンガポール

バスルームもそこまで大きくはありません。一応バスタブはありました。

シャングリ・ラ シンガポール

アメニティも普通。ただ、昼間と夕方の2回ハウスキーピングがあり、その度にしっかり補充してくれるので不足することはありませんでした。

シャングリ・ラ シンガポール

水も常に補充されるので足りなくなることはありません。

インスタントのコーヒーと紅茶、ウェルカムフルーツは無料。その他のミニバーは有料となっています。

シャングリ・ラ シンガポール

こちらはシャングリラゴールデンサークルのダイヤモンド会員向けウェルカムギフト。

赤ワイン、チョコ、あとはちょっとしたお菓子。

シャングリ・ラ シンガポール

チョコレートはロビー階の売店で売っていましたが、日本円で2,000円くらいしたと思います。

シャングリラゴールデンサークルのダイヤモンド会員に関しては別記事で詳しく解説します。

まとめ

朝は早くにルメリディアンのチェックアウトを済ませ、再びユニバーサルシンガポールに行ってきました。やはり平日の方が空いてていいですね。

その後、夕方にルメリディアンに戻ってきて、荷物を回収し、滞在中3つ目のホテル、シャングリラシンガポールに移動しました。

シンガポール旅行記7日目まとめ
  • USSも平日の方が空いていておすすめ
  • オーチャードロードのシャングリラシンガポールに移動
  • シャングリラダイヤモンド会員はアップグレードはないけど各種特典あり

シャングリラゴールデンサークルのダイヤモンド会員については後ほど詳しく。また、こちらのホテルはアメックスのFHR特典を使って予約したのでそちらの特典も別記事でご紹介します。

翌日はシンガポール動物園&ナイトサファリに行ってみました。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。