旅行記

シンガポール・チャンギ空港の『JEWEL(ジュエル)』とシルバークリスラウンジ┃2019年夏休み子連れシンガポール旅行(12日目)

シンガポール旅行の最終日。

昼間はチェックアウトまで時間があったので再びシンガポール動物園へ。

ホテルチェックアウトの後は帰国のため、シンガポール・チャンギ空港に直行。

チャンギ国際空港内のショッピング施設『JEWEL(ジュエル)』シンガポール航空のシルバークリスラウンジのレポートがメインの記事となります。

人数大人2 子供1(4歳)
日数11泊13日
エアラインシンガポール航空 ビジネスクラス(全て有償)
ホテルセントレジス・シンガポール
ルメリディアン・シンガポール・セントーサ
シャングリ・ラ シンガポール

再びシンガポール動物園へ

18時のレイトチェックアウトが可能だったので昼間は相当時間がありました。

ホテルのプールかオーチャードでの買い物、あとはシンガポール動物園、3つの候補があったのですが、せっかくなのでもう一度動物園に行ってみることにしました。

シンガポール動物園のキッズワールド

シンガポール動物園には数日前に行って一通りの動物も見たので、この日は一番奥にあるキッズワールドを中心に回りました。

シンガポール動物園

キッズワールド内のふれあい体験ではうさぎに触ることができます。

珍しい体験ではないかもしれませんが、娘は喜んでいました。

シンガポール動物園

有料ですがポニーに乗ることもできます。子供限定で6SGDです。

シンガポール動物園

ヤギの自由時間であれば餌をあげることもできます。

あとは一通り動物を見て、夕方のチェックアウトに間に合うようにホテルへ戻りました。

その後、18時にシャングリラシンガポールをチェックアウトし、帰国便に乗るためシンガポール・チャンギ空港へ。

チャンギ国際空港でのGST返還手続き

シンガポールGST還元

チャンギ国際空港に着いたらスーツケースを預ける前にGST返還手続きをしましょう。

シンガポールGST還元

空港に着くと至るところで「GST Refund(消費税払い戻し)」の看板標識があるのでわかりやすいと思います。

シンガポールGST還元

大きく「GST REFUND」と書かれた看板のところに手続きカウンターがあります。

基本的にはキオスクでできますが、払い戻し額が多い場合は有人カウンターで商品とレシートを照らし合わせる場合があります。

買った商品を見せられるよう、手荷物・スーツケースを預け入れる前にGST返還手続きを行うようにしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

シンガポールGST還元
シンガポールのGST(消費税)還付方法・免税手続きをご紹介!絶対お得なので利用推奨シンガポールでは、旅行者に対してGST(消費税)の還付を行っています。 GSTは商品額の7%取られるのに対し、還付割合は2%~6%...

チャンギ国際空港の『JEWEL(ジュエル)』

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

23時台の便なので時間に余裕がありましたが、新しくできた空港内ショッピング施設『JEWEL(ジュエル)』を見てみようと思い、少し早めに向かいました。

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

ジュエルはチャンギ国際空港各ターミナルのちょうど真ん中にあり、どのターミナルからでも歩いて行くことができます。

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

ジュエルで有名なのは施設中央を上階から下階まで突き抜けて降り注ぐ巨大な滝です。

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

この滝は時間帯に寄ってショーが行われており、色が変わったりします。

これを見るためだけでもジュエルに寄ってみる価値はあると思います。

ジュエル内には洋服店や飲食店が多数入っています。

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

東南アジアで人気のMANGO。

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

ヴィクトリアズ・シークレットの店舗もありますが規模は小さいです。

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

ZARAやユニクロもあるので買い物し忘れた場合はジュエルで買ってもいいと思います。

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

お土産物のお店も多数。こちらはチョコレートが安かったです。

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

ポップコーンのお店も。

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

飲食店もいろいろあるのでジュエルで食事を済ませるのもありだと思います。

チャンギ国際空港JEWEL(ジュエル)

日本の星乃珈琲店もありました。

シンガポール航空のシルバークリスラウンジ

シルバークリスラウンジ

ターミナル3にあるシンガポール航空ラウンジに行ってみました。

2つのシンガポール航空ラウンジ

シルバークリスラウンジ

チャンギ国際空港には、シンガポール航空のラウンジが2つあります。

『シルバークリスラウンジ』『クリスフライヤーゴールドラウンジ』です。

今回はシルバークリスラウンジの方に行ってみました。

一応、両ラウンジの利用条件を載せておきます。

スタアラゴールドスタアラ便ビジネススタアラ便ファーストSQファースト
ゴールドラウンジ
シルバークリスラウンジ
ビジネス
シルバークリスラウンジ
ファースト
シルバークリスラウンジ
プライベート

クリスフライヤーゴールドラウンジの方はスターアライアンスのゴールド以上のステータスがあれば、当日の席がエコノミークラスでも入ることのできるラウンジです。

一方でシルバークリスラウンジは当日の席がビジネスクラス以上でなければ入れないので、どちらかと言えばこちらの方が入室のハードルは高いと言えます。

利用条件だけ見ると

シルバー > ゴールド

ということになります。

ファーストクラスとスイートクラスでしか入れない【プライベートルーム】と【ファーストクラスラウンジ】は別格だとして、シルバークリスのビジネスクラスラウンジとクリスフライヤーゴールドラウンジは内容的にそこまで大差ないだろうと思います。たぶん。

シルバークリスラウンジの食事

ジュエルで夕飯を食べても良かったのですが、せっかくなのでシルバークリスラウンジの方でいただきました。

シルバークリスラウンジ

ラウンジ内は広く、席も多いのですが、22時頃でも結構な人がいて混み合っていました。

シルバークリスラウンジ

比較的大きなラウンジなので食べ物も種類多めでした。

シルバークリスラウンジ

一般的なラウンジメニューも豊富でしたが、東南アジアっぽく、中国人やインド人向けのメニューの方が多かった気がします。

シルバークリスラウンジ

ヌードルカウンターがあったのでラーメンを頼んでみました。

シルバークリスラウンジ

めちゃくちゃ美味しいというほどではありませんが、ラウンジにしてはそこそこマシだったと思います。

その他、シルバークリスラウンジの飲食メニューなどはこちらの記事にまとめてありますのでご覧ください。

シルバークリスラウンジ
チャンギ国際空港のシンガポール航空【シルバークリスラウンジレポート】シンガポールのチャンギ国際空港にあるシルバークリスラウンジをご紹介します。 シルバークリスラウンジはチャンギ国際空港のターミナル2...

シンガポール航空A380(旧型)のビジネスクラスで帰国

シンガポール・チャンギ国際空港を24時頃発つ便で成田へ帰ります。

復路便も往路と同じくシンガポール航空のA380、2階建ての広々とした機内でした。ただ、リニューアル前の旧型シートでしたが。

シンガポール航空A380ビジネスクラス

ビジネスクラスの座席もかなり広いので幼児なら横になって寝れるくらいの幅です。

シンガポール航空A380ビジネスクラス

お腹は全く減っていなかったのですが、ブック・ザ・クックにラーメンがあったので頼んでみました。

見た目は美味しそうですが…やはり空の上ということで、麺はインスタントレベルでした。

ブック・ザ・クックで頼むならラーメンは除外の方がよろしいかと。

シンガポール航空A380ビジネスクラス

朝食はフレンチトーストを頼んでみました。

写真がなかったので普通のフレンチトーストが出てくると思ったのですが、生クリームとブルーベリージャムがたっぷりでした。

美味しかったですが、朝からこれはなかなかきつかったです。

エアポート送迎サービス

成田に到着後はアメックスのエアポート送迎サービスで自宅まで送ってもらいました。

MKタクシーの送迎ですが、ベンツのミニバンは初めてでした。

アメックスのエアポート送迎サービスについてはこちらをご覧ください。

アメックスセンチュリオン特典
アメックスセンチュリオンカードの最強特典はコレ!これまでも何度かアメックスセンチュリオンカードの特典について記事を書いてきましたが、はっきり言ってアメックスプラチナカードとベネフィット...

まとめ

この記事で2019年夏休みの子連れシンガポール旅行記は締めとなります。

最終日の流れをまとめておきます。

シンガポール旅行記12、13日目まとめ
  • 18時レイトチェックアウトだったので昼間は再び動物園へ
  • シンガポール・チャンギ国際空港のジュエルは一回は見ておくべき
  • シンガポール航空、シルバークリスラウンジは広くてメニューも豊富

最終日はこんな感じとなりました。

深夜24時頃現地発の帰国便だったので、ほぼ丸一日シンガポールを満喫できた気がします。

ジュエルやシルバークリスラウンジはおすすめというほどのものでもありませんでしたが、行く機会があれば一回は見ておくべきスポットかなと思います。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。