旅行記

2019年春休みハワイ旅行(計画編)

2019年3月の春休みに控えたハワイ旅行の計画編となります。

アメリカ、オーストラリア、バリ、パラオ、モルディブといろいろ候補がありながら、結局今回もハワイへ行くことに決めました。

ハワイは飛行時間が7時間程度で幼児でもギリギリ我慢できるレベル。あとはビーチ+ショッピングという条件も叶えてくれるので旅行先としては最適です。

子供がもう少し大きくなったら飛行機移動10時間クラスの旅行もいいのかなと思います。

2019年2月で4歳となる娘は4度目のハワイ旅行となります。生まれてから年1ペースです。

ちなみに前回2018年夏休みのハワイ旅行計画編の記事はこちらです。

2018年夏休みハワイ旅行(計画編)2018年7月に控えたハワイ旅行の計画編となります。 いつもはHISや阪急交通などのツアーで行くのですが、今回は事情があり...
JALOALO(ジャロアロ)カード到着|2018年夏休みハワイ旅行(計画編-2)2018年7月に控えたハワイ旅行の計画編-2追加手配と最終チェックとなります。 計画編-1の記事はこちらです。 https:...

今回の日程は3月後半、幼稚園が春休みになってから、8泊10日のハワイ旅行です。もっと長く行きたいけど流石に10連以上で仕事休むのきついので…。

今回も個人手配ですが、飛行機はANAのビジネス。(前回はJALビジネス)

ホテルはアウラニ、ヒルトン、カハラの3ヵ所です。カハラホテルは今回が初。

【2/21追記】ホテルはアウラニ、モアナサーフライダー、ロイヤルハワイアンに変更しました。

1~4日目はアウラニディズニー

アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ

今回もアウラニ・ディズニー・リゾート&スパに宿泊します。

いつもは前半ワイキキ、後半アウラニですが、今回は逆にし、前半がアウラニ。

3月末までの宿泊でリゾートクレジット&ディズニー・キャラクター・ブレックファストが無料で付いてくる特典があるからです。

アウラニの予約はホテル比較サイトの『トリバゴ』がおすすめ

アウラニ・ディズニー・リゾート&スパの予約方法ですが、ホテル比較サイトの『トリバゴ』経由がおすすめです。



トリバゴにアクセスし、アウラニと入れれば複数のホテル予約サイトを比較し、最安値を教えてくれます。

トリバゴ

これは仮の日程で4泊入れてみたのですが、

エクスペディアが1泊74,073円

ホテルズドットコムが1泊74,073円

Elvolineが1泊91,807円

楽天トラベルが1泊62,405円

ちなみにトリバゴに出てこなかったHISですが

his

HISが1泊72,000円

ホテル予約サイト別で結構な差があります。

エクスペディアのポイントを使ったり、ホテルズドットコムで宿泊実績を重ねたいということがなければ一旦トリバゴで比較し、最安値を調べてみるのがいいと思います。

自分は普段エクスペディアを利用していますが、今回は楽天トラベルがあまりにも安かったので楽天トラベルにしました。

部屋は一番安い部屋にしました。

初めてアウラニに泊まった時はオーシャンビューにしました。HIS経由なので高層階で見晴らしは最高でしたが、慣れてくると眺望はそこまで気にしなくてもいいのかなと思うようになります。

アウラニは4泊で271,836円(税込み)となります。

リゾートフィーはなく、事前払いなので為替レートでの変動もありません。

アウラニ連泊特典(2019年1月1日~3月31日限定)

2019年3月末までにアウラニに3連泊、4連泊すると特典があるようです。

詳しくはこちらのアウラニ公式ページ(2019連泊特典ページ)をご確認ください。

特典は以下の2点。

  • 1泊につき50ドル分のリゾートクレジット
  • ディズニー・キャラクター・ブレックファスト(4連泊のみ)

キャラクター・ブレックファストは4連泊の場合のみ適用。3連泊だと50ドル×3の150ドルリゾートクレジットということになりますね。

今回は4泊にしたので50ドル×4の200ドルリゾートクレジットとキャラクターブレックファスト1回分が無料となります。

※リゾートクレジットはホテル内のレストランやお土産ショップで使えるお金です。ルームキーを見せて部屋付け払いにすればチェックアウトの時にリゾートクレジット分割り引かれます。

注意点として、キャラクター・ブレックファストは自分で予約する必要があります。チェックインしてから空いていればいいのですが、人気なので事前予約しておいた方が間違いありません。

キャラクター・ブレックファストとキャラクター・ディナーを予約

アウラニのキャラクー・ブレックファスト、キャラクター・ディナーはどちらも人気なので事前予約がおすすめです。

前回の2018年夏休みのハワイ旅行(計画編)も事前予約しています。

キャラクターダイニングに関してはアウラニの公式ページから予約可能となっています。

キャラクター・ブレックファスト予約ページ

Restaurantsで『Makahiki』を選択、Dateで来店日を選択、Timeで希望時間を選択、Party Sizeで人数を選択します。

『Makahiki』がキャラクターダイニングを行っているレストランです。『AMAAMA』は海側に近いアラカルトのレストランでキャラクターダイニングはやっていません。

キャラクター・ブレックファストは毎日開催なので予約する時間帯だけ注意が必要。

キャラクター・ディナーは開催曜日が決まっています。2019年1月時点では日曜日、月曜日、木曜日。変わる可能性があるのでMakahikiキャラクター・ディナーページを確認しましょう。(日本とハワイの時差にも注意)

自分は前回同様、アメックスのコンシェルジュに依頼しました。

クレカのコンシェルジュなら希望日がキャラクター・ディナー開催日かどうかのチェックもしてもらえるはずです。

キャラクター・ブレックファストを2日分、キャラクター・ディナーを1日分のみ予約。

キャラクター・ブレックファスト1日分は連泊特典で無料

もう1日分は大人42ドル×2、子供21ドル×1の合計105ドル

キャラクター・ディナーは大人54ドル×2、子供27ドル×1の合計135ドル

※子供は3歳から料金が発生します。

現時点で予約済みとなっているアウラニでのキャラクター・ダイニングの費用は合計で240ドルとなります。

あとは状況次第で考えます。

ペインテッド・スカイ:ハイスタイル・スタジオを予約

アウラニでは2018年8月に「ペインテッド・スカイ:ハイスタイル・スタジオ」がオープンしました。

これはハワイ版ビビディ・バビディ・ブティックという感じで、3歳~12歳の子供が対象でヘアスタイリングとメイク、ドレスアップをしてくれるサービスです。

詳しくはアウラニ公式のペインテッド・スカイ:ハイスタイル・スタジオのページを見てみてください。

ペインテッド・スカイ:ハイスタイル・スタジオのメニューはかなり種類があって迷います。どれがいいのか正直わかりません。

わからなかったのでとりあえずモアナの格好になれる『アイ・アム・モアナ(175ドル)』にしました。

娘はディズニープリンセスが大好きですが、モアナはちょっと方向性が違います。せっかく予約したのに当日嫌だと言われたら残念ですが…一か八かでやってみます。

ディズニーランドのビビディ・バビディ・ブティックのように当日好きなプリンセスを選べるようなシステムにしてくれるとありがたいんですけどね。

2018年に行った香港ディズニーランドのビビディ・バビディ・ブティックの記事も見てみてください。

ビビディバビディブティック
香港ディズニーランドのビビディバビディブティック|2018年香港ディズニー旅行(2日目前半)2018年8月に行った香港ディズニーランドの旅行記(2日目前半)です。 朝食はキングダムクラブラウンジで食べました。 その後...

こちらの予約もキャラクターダイニングと一緒にアメックスのコンシェルジュに依頼しました。

ペインテッド・スカイ:ハイスタイル・スタジオの費用は175ドル

アウラニは何人か日本人スタッフもいるはずなので、電話してみてもいいかと思います。ただ、海外通話なので電話料金は多少かかります。携帯会社のかけ放題でも対象外なのでご注意を。

前回買えなかったアウラニのオル君グッズをリベンジ予定

前回、2018年の7月に行った時にちょうどアウラニでダッフィーフレンズ『オル君』の発売時期でした。

アウラニに着いた初日は全てのオル君グッズが大量に売られており、品切れの雰囲気はなかったのですが…

アウラニ・オル

こちらのオル君ノーマルぬいぐるみが宿泊2日目には売り切れてしまっていました。滞在中に再入荷もなし。

早めに買っておかなかったことを妻と娘に怒られてしまったので今回は着いてすぐ買っておきたいと思います。

再入荷もタイミング次第なので売っていない可能性もあるのですが…。3月までにはオル君グッズの品薄も解消していて欲しいですね。

ちなみに前回のアウラニでのお土産はこちらです。

アウラニオル
アウラニディズニーのお土産。新キャラ【オル(Olu)】がメイン|2018年夏休みハワイ旅行(番外編)2018年7月に行ったハワイの旅行記(番外編)です。 アウラニ・ディズニー・リゾート&スパで買ってきたお土産をご紹介。 今回...

5~6日目はモアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ

ワイキキのホテルはまたいつものパターンでヒルトンハワイアンビレッジにしようと予約したのですが、訳あってモアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパに変更しました。

理由はこちらです。

マリオットホテル
マリオットのプラチナエリートが2020年まで継続│2019年はマリオット系ホテルに泊まりますたまたまもらえたマリオットのプラチナエリートステータスが2020年1月末まで継続してくれるようです。 せっかくなので2019年はマ...

SPGとマリオット統合後にプラチナエリートのステータスにしてもらったのですが、それは2019年1月までだと思っていました。

ところがどうやら2020年1月までプラチナエリート継続となったようなので、せっかくですし2019年はマリオットグループのホテルに泊まってみようかと。

子連れだとヒルトンハワイアンビレッジがプールも充実していて一番いいのかなと思っていましたが、こちらはいつでも泊まれるので来年以降に。

一応候補としてはワイキキファミリー向けのリゾートホテルだと

  • モアナサーフライダー
  • シェラトンワイキキ
  • ロイヤルハワイアン
  • アウトリガーリーフ
  • ハイアットリージェンシー

この辺りがいいかなと思います。

この中でマリオットグループのホテルは

  • モアナサーフライダー
  • シェラトンワイキキ
  • ロイヤルハワイアン

ホテルのランク的には3つとも同等かと思いますので値段だけで選択。とりあえず一番安かったモアナサーフライダーを5~6泊目に予約しました。

モアナサーフライダーの部屋は

  • ヒストリック・バニヤン・ルーム
  • ダイヤモンド・シティー
  • ヒストリック・バニヤン・デラックス
  • タワー・シティー
  • タワー・パーシャル・オーシャン
  • ヒストリック・バニヤン・オーシャン
  • ダイヤモンド・オーシャンフロント
  • タワー・オーシャン
  • タワー・プレミア・オーシャン
  • ペントハウス・スカイライン
  • ペントハウス・オーシャン
  • タワー・オーシャンフロント・スイート
  • ペントハウス・スカイライン・スイート
  • ペントハウス・オーシャンフロント・スイート

上から順に安く泊まれ、最後のペントハウスが最も良い部屋となります。

とりあえず建物が新しく、部屋が綺麗と言われるタワーを予約しました。

マリオットプラチナ会員のルームアップグレードを期待して一番安いタワー・シティーでも良かったのですが、空いてなかったのでタワー・パーシャル・オーシャンを予約。

モアナサーフライダー

1泊辺り307.2ドル、2泊で600ドルくらいですが、それに税金や2日分のリゾートフィー169.43ドル追加で783.83ドルがモアナサーフライダーの宿泊費となります。

7~8日目はロイヤルハワイアンホテル

今回、初めてザ・カハラ・ホテル&リゾートに泊まってみることにしました。

最初はザ・カハラ・ホテル&リゾートをアメックスのファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)経由で予約していたのですが、モアナサーフと同じ理由でマリオットグループのロイヤルハワイアンホテルに変更しました。

ロイヤルハワイアンの部屋は

  • ヒストリック・ルーム
  • ヒストリック・ガーデン
  • ヒストリック・ガーデン・ジュニア・スイート
  • ヒストリック・オーシャン
  • マイラニ・タワー・オーシャンフロント
  • マイラニ・タワー・プレミア・オーシャン
  • マイラニ・タワー・オーシャン・コーナー
  • ヒストリック・オーシャン・デラックス
  • ヒストリック・ガーデン・スイート
  • マイラニ・タワー・ロフト・スイート
  • ヒストリック・オーシャン・スイート
  • マイラニ・タワー・オーシャン・スイート
  • クイーン・カアフマヌ・スイート
  • ロイヤル・ハワイアン・スイート
  • アリイ・スイート
  • カメハメハ・スイート

となっています。

こちらはマリオットプラチナ会員のルームアップグレードを期待し、一番安い部屋を予約しました。

ロイヤルハワイアン

1泊辺り308ドル、2泊で600ドルくらいですが、それに税金や2日分のリゾートフィー171.75ドル追加で合計787.75ドルがロイヤルハワイアンの宿泊費となります。

マリオットグループのホテル予約とプラチナ特典などに関してはこちらの記事にまとめています。

marriott-status-2...

飛行機はANAのビジネスクラス

今回の飛行機はANAにしてみました。

理由は単純に、最も安かったからです。

ちなみに2019年3月のハワイ旅行なのでエアバスA380はまだ導入されていません。確か5月からですよね。

3月春休みシーズンの成田-ホノルルのANAビジネスクラスですが、大人2、子供1で65万円程度でした。

アメックストラベルオンライン

これはちょっと日程をずらしたANA便ですが、金額はこれと同じです。

実際の予約完了時の価格がこちら

アメックストラベル

大人 236,960円×2  473,920円

子供(4歳) 183,420円

航空券費用は大人2、子供1の合計金額で657,340円となります。

ハワイアン航空、チャイナエアライン、ユナイテッド航空などはもっと安いかもしれませんが、ホノルル行きはデルタ、ANA、JALがおすすめです。

個人的にはデルタのビジネスクラスが一番好きですが、以前に急な変更で旧型機材のデルタ便となった時はイマイチでした。その機材も今は無くなっていて全て快適なフルフラットになっていると思います。

ANAのエアバスA380が導入されたらそれが一番良さそうな気がします。

とりあえず今年の夏はハワイへ行く予定がないので乗れるのは早くとも2019年冬以降となってしまいますが。

JALOALO(ジャロアロ)カードに代わるサービスはANAにあるのか?

JAL便でハワイに行くとJALOALOカードというものがもらえ、トロリーに無料で乗れたりするサービスがあります。

これのANAバージョンはあるのかどうか調べてみましたが、どうやら存在しないようです。

大した特典はないかもしれませんが、アラモアナ行きのトロリーが無料になるという1点だけでもJALOALOカードはお得です。

ANAも似たようなハワイ特典を作ってくれるといいですね。s

飛行機の予約はアメックスのセンチュリオンパーソナルコンシェルジュデスク経由でしました。

ネットで済む航空券の予約ですが、わざわざコンシェルジュに電話して依頼した理由が以下となります。

アメックスセンチュリオン特典のエアポート送迎サービス付き

アメックスセンチュリオンのパーソナルコンシェルジュを通してビジネスクラス以上の航空券、もしくはツアーを予約するとエアポート送迎サービスが付きます

詳しくはこちらの記事を見てみてください。

アメックスセンチュリオン特典
アメックスセンチュリオンカードの最強特典はコレ!これまでも何度かアメックスセンチュリオンカードの特典について記事を書いてきましたが、はっきり言ってアメックスプラチナカードとベネフィット...

今回は以下のルートで無料送迎が付いてきます。

  • 都内自宅 → 成田空港
  • ホノルル空港 → アウラニホテル
  • ロイヤルハワイアン → ホノルル空港
  • 成田空港 → 都内自宅

これら4ルートを無料で送迎してもらえるのでお得です。

最初はカハラホテルを予約していたのですが、ロイヤルハワイアンに変更しました。最終日のホテル→空港送迎もロイヤルハワイアンからに変更となります。

アメックスのコンシェルジュ経由でも航空券の値段に大差はありません。それなら電話が多少面倒でもこの特典が付与される方法で予約した方がお得ですね。

各ポイントでの送迎手配も全てアメックスコンシェルジュに電話して行います。

完了するとPDFデータで手配書が届きます。

こちらが行きの送迎スケジュール

エアポート送迎サービス

こちらが帰りの送迎スケジュールとなります。

アメックスエアポート送迎サービス

※個人情報の部分は隠しています。

日本国内の送迎はMKタクシー、ハワイでの送迎はCarey limousine(ケリーリムジン)という会社が行ってくれます。

ケリーリムジンをググっても詳細は良くわかりません。アメックスが契約しているタクシー会社なのかなと思います。

これはアメックスセンチュリオン会員限定の特典です。海外旅行にビジネスクラス以上で行くのであれば利用したほうがいいですね。

個人的な要望ですがコンシェルジュを通さずとも、アメックストラベルオンラインの予約もエアポート送迎サービスの付与対象にして欲しいところです。電話は面倒なので。

アウラニ→モアナサーフの移動は個人手配

現地でのエアポート送迎サービスは空港ホテル間のみなのでホテルからホテルの移動は自分で手配する必要があります

今回は3つのホテルを予約したため、アウラニ→モアナサーフの移動は自分で手配しなければなりません。

前回の2018年夏休みハワイ旅行(計画編-2)ではチャーリーズタクシーやハナタクシーの予約手順を書きました。

今回も同じ流れでハナタクシーなどを予約した方がいいかもしれませんが、時間指定通りに進まないこともありそうなので、今回は普通にホテルフロントでタクシーを呼んでもらって移動することにします。

従って、アメックスのエアポート送迎サービス以外の移動は事前予約なしです。

モアナサーフ→ロイヤルハワイアンの移動は近いので徒歩で大丈夫かなと。

ハワイ旅行でWiFiレンタルは必要なのか?

自分は携帯2台持ちなのですが、ピクセル3がドコモでiPhoneがソフトバンクです。

ソフトバンクのiPhoneだとアメリカ放題が使えるのでWiFiレンタルは不要となります。

そもそも街中で飛んでいる無料WiFiやホテルに完備されているWiFiで充分というのが個人的な見解です。(アメリカ放題が始まる前のハワイ旅行でも不便はなかったので)

この件に関しては別記事でまとめて見たのでよろしければ見てみてください。

ハワイWiFiレンタル
ハワイ旅行にWiFiレンタルは必要?結論→無料WiFiで充分│不要な理由を詳しく説明ハワイ旅行にWiFiレンタルは必要なのか? 大半のハワイ旅行情報サイトではWiFiレンタルは必須と言っていますが、個人的には不要だ...

ただ、一応、どうしてもWiFiレンタルが必要なケースというのもあるかと思います。

そういった人向けに「ハワイ旅行 おすすめWiFi」の記事も書きたいので、今回のハワイ旅行では3社くらいのWiFiレンタルを試してみようと思います。

この件に関してはまた追記します。

2019年春休みハワイ旅行の費用とまとめ

2019年の春休みに予定しているハワイ旅行のスケジュールはこんな感じです。

  • ANAビジネスクラス利用
  • アメックスセンチュリオン特典のエアポート送迎サービス(国内&海外)
  • アウラニ宿泊
  • モアナ・サーフライダー宿泊
  • ロイヤルハワイアン宿泊

アウラニの『ペインテッド・スカイ:ハイスタイル・スタジオ』、あとはマリオットのプラチナ特典に期待。この辺りが個人的には楽しみです。

既に決定済みの費用をまとめると

航空券 大人2、子供1657,340円
アウラニ271,836円
アウラニ キャラクターダイニング26,568円
アウラニ ハイスタイルスタジオ19,373円
モアナサーフライダー86,772円
ロイヤルハワイアン87,207
合計1,149,096円

こんな感じになりました。

食費やお土産の費用などはまた別となります。

ハワイ旅行の計画で追加項目が出てきたらまた修正します。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。