旅行記

セントレジスバリはで終日ゆっくり、ディナーは『Kayuputi(カユプティ)』へ┃2019年夏休み子連れバリ旅行(4日目)

2019年夏休み子連れバリ旅行の4日目です。

前日、セントレジスバリにチェックイン。この日は終日ホテル内で過ごしました。

朝はセントレジスバリ一押し『Boneka(ボネカ)』で朝食。

昼間はヴィラ直結のラグーンプール、そしてビーチで遊びました。

最後に夕食はセントレジスバリ内にあるレストラン『Kayuputi(カユプティ)』でいただきました。

人数大人2 子供1(4歳)
日数8泊10日
エアラインガルーダ・インドネシア・ビジネスクラス(ANAマイル利用&有償)
ホテルシェラトン・バリ・クタ・リゾート
ザ・セントレジス バリ リゾート
ザ・リッツ・カールトン バリ

セントレジスバリの『Boneka(ボネカ)』はホテルNo1の朝食

セントレジスバリの『Boneka(ボネカ)』ですが、これまで食べたホテル朝食の中で間違いなくNo1だと思います。

朝食メニューについてはこちらの記事にまとめていますが、特におすすめなのがオーダーメニュー。

セントレジスバリBoneka(ボネカ)
セントレジスバリ『Boneka(ボネカ)』で最高の朝食┃豪華なオーダーメニュー、ビュッフェの品揃えをご紹介セントレジスバリと言えば朝食会場の『Boneka(ボネカ)』が有名です。 バリのセントレジスで楽しみにしていたのは巨大ラグーンプー...
セントレジスバリBoneka(ボネカ)

ロブスターオムレツはロブスターの出汁が出ていますし、身も沢山入っていてめちゃくちゃ美味しかったです。

セントレジスバリBoneka(ボネカ)

初めて食べましたが、こちらの「ボネカシグニチャーエッグ」というのも絶品。

セントレジスバリBoneka(ボネカ)

普通のナシゴレンですらめちゃくちゃ美味しいのでおすすめです。

ヌサドゥアエリアのホテルに泊まることがあるのなら、セントレジスバリに朝食だけ食べに行くのもありのレベルだと思います。

Boneka(ボネカ)で最高の朝食をいただいた後はヴィラに戻ってプール&ビーチ遊びの準備。

セントレジスバリ

ヴィラへ戻る途中にハンモックエリアがあったので写真を撮りました。

セントレジスバリでもボンヴォイのぬいぐるみゲット

セントレジスバリのプラチナエリート特典

2019年夏休み期間限定でマリオットボンヴォイのぬいぐるみがもらえます。

バリ旅行前半で泊まったシェラトンバリではピンクのぬいぐるみをもらい、こちらのセントレジスバリではイエローのぬいぐるみをもらいました。

大したものではないと思いますが、子供にとっては嬉しいプレゼントのようです。

娘もすごく喜んでおり、バリ滞在中はいつも一緒に寝ていました。

マリオットボンヴォイのぬいぐるみプレゼントキャンペーンに関してはこちらをご覧ください。

2019年夏のマリオットキャンペーン
2019年夏のマリオットキャンペーン2019年夏のマリオットボンヴォイキャンペーンをご紹介します。 あえてブログに書くほどのビッグキャンペーンではないのですが、今夏は...

セントレジスバリのプール&ビーチ三昧

この日は一日中、ホテルから出ることなくセントレジスのプールとビーチで遊びました。

セントレジスバリ

プールアクセスのヴィラに泊まっていたので大きなラグーンプールにも直結で便利でした。

セントレジスバリ

このラグーンプールはセントレジスバリのメインプールのはずですが、なぜか入っている人が少なく、いつ行ってもほぼ貸し切り状態でした。

セントレジスバリ

セントレジスにはプライベートビーチもあります。

バリ、ヌサドゥアのビーチはきれいなのですが、なぜか海水浴をしている人は少ないです。

セントレジスバリ

娘はまだ4歳なので海水浴というよりは砂遊びがメインでした。

セントレジスビーチで遊んでいるとスタッフさんが砂場遊びセットを持ってきてくれます。

小さい子連れで宿泊する場合でも、砂場セットは特に持って行く必要はないと思います。

『Kayuputi(カユプティ)』でディナー

セントレジスバリ

ディナーはセントレジスバリのビーチ近くにある『Kayuputi(カユプティ)』でいただきました。

家族旅行の際、妻が夕食をほとんど食べないのでレストランに行くことは滅多にないのですが…。

アメックスのFHR特典でルームクレジットがあったので使うことにしました。

アメックスセンチュリオンのFHRで200米ドル分無料

セントレジスバリ

セントレジスバリですが、全4泊中2泊をアメックスのFHRという宿泊特典を利用して予約しました。

セントレジスバリのFHR特典は

  • スパマッサージ50分×2名分

なのですが、アメックスセンチュリオン会員の場合は更に

  • 200ドルのルームクレジット付き

となります。

この200ドルを使ってKayuputi(カユプティ)でディナーをいただくことにしました。

アメックスセンチュリオンのFHRについてはこちらの記事に詳しく書いています。

センチュリオン・ファイン・ホテル・アンド・リゾート(CFHR)
アメックスのセンチュリオン・ファイン・ホテル・アンド・リゾート(CFHR)のお得な特典を解説アメックスのファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)という特典をご存知でしょうか。 FHRはアメックスプラチナ会員、アメックス...

ちなみに

  • スパマッサージ50分×2名分

こちらは2名分を1名に集約し、100分×1名のマッサージにすることもできます。

子連れだと大人2人同時にマッサージを受けるわけにもいかないので、1名分に集約し、妻に100分のマッサージを受けてもらいました。

流石セントレジスということもあり、これまで受けたスパマッサージの中でも特に良かったと言っていました。

Kayuputi(カユプティ)のディナーメニュー

セントレジスバリ

話をKayuputi(カユプティ)のディナーに戻します。

妻はお酒を飲みますが、夕食はほとんど食べないので、自分と娘がいただいたメニューをご紹介します。

セントレジスバリ

こちらはエビとホタテのパスタ。

セントレジスバリ

あとは牛フィレ肉をいただきました。

パスタも牛フィレ肉もセントレジスのレストランということで間違いない美味しさでした。

セントレジスバリ

あとはこちらが娘がいただいたキッズメニューのパスタ。

これはまー普通のミートボールスパゲティーですね。

このメニューは昼間、ビーチサイドでも注文することができます。

セントレジスバリ

あとはイタリアンということでパンもでます。

一本のパンになっていますが、ワンブロックずつ違うパンでした。

娘はパスタよりもこのパンを気に入ってましたね。

Kayuputi(カユプティ)のディナーももちろん美味しかったのですが、Boneka(ボネカ)の朝食インパクトが大きすぎて、こちらのディナーは若干霞んでしまいました。

セントレジスバリでディナーかブレックファーストのどちらかしか選べないとなれば、
Boneka(ボネカ)の朝食を選んだ方がいいかなと思います。

セントレジスバリでもらったチョコレートアメニティー

セントレジスバリのプラチナエリート特典

夕食後、部屋に戻るとギフトが置いてありました。

セントレジスバリのプラチナエリート特典

中身はチョコレートの匂いのする石鹸やボディーローション、バスソルトなど。

娘はチョコレートだと思い、食べたいと言っていましたが、流石に食べるものではないと思います。

このギフト、マリオットボンヴォイ会員向けなのか、宿泊者はもれなくもらえるものなのか、その辺りは良くわかりません。

まとめ

セントレジスバリ

観光や買い物に出かけることもなく、終日セントレジスバリ内で過ごした1日でした。

セントレジスバリはプールもビーチも充実しており、食事も全て施設内で完結できるのでゆっくり過ごすには最適のホテルですね。

バリ旅行記4日目(セントレジスバリ2日目)のまとめ
  • セントレジスバリのBoneka(ボネカ)朝食はホテルNo1クオリティ
  • セントレジスバリのプール&ビーチは一日遊んでも飽きない
  • レストランKayuputi(カユプティ)も最高!

前半2泊はプールアクセスヴィラに泊まりましたが、後半2泊はホテル棟のスイートに移動となります。

ということで翌日はヴィラチェックアウト、ホテルスイートチェックインという予定になっています。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。