旅行記

ガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリへ。初日のシェラトンバリクタはスイートにアップグレード┃2019年夏休み子連れバリ旅行(1日目)

2019年夏休みに家族で行ってきたバリ旅行の記事です。

バリへ行くのは個人としては二度目、妻と娘は初めてです。

この記事では成田空港のデルタスカイクラブラウンジ、ガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラス、そしてバリの宿泊先ホテルシェラトンバリクタの様子などをご紹介します。

人数大人2 子供1(4歳)
日数8泊10日
エアラインガルーダ・インドネシア・ビジネスクラス(ANAマイル利用&有償)
ホテルシェラトン・バリ・クタ・リゾート
ザ・セントレジス バリ リゾート
ザ・リッツ・カールトン バリ

成田空港まではアメックスセンチュリオン特典のエアポート送迎サービスを利用

アメックスセンチュリオン

自宅→成田空港はアメックスのエアポート送迎サービスを利用しました。

アメックスセンチュリオン会員はコンシェルジュ経由で海外航空券(ビジネスクラス以上)を予約すると自宅空港間のタクシー送迎が無料で付いてきます。

アメックスセンチュリオン特典
アメックスセンチュリオンカードの最強特典はコレ!これまでも何度かアメックスセンチュリオンカードの特典について記事を書いてきましたが、はっきり言ってアメックスプラチナカードとベネフィット...

この日は若干雨が降っていましたが、自宅からタクシーで行けたおかげで快適に成田空港まで行くことができました。

送迎はMKタクシーが代行で請け負っています。

アメックスセンチュリオンエアポート送迎サービス

社内はこんな感じです。スーツケースを積むと3人しか乗れません。

アメックスのエアポート送迎サービスを利用する際は予約時に人数やスーツケース数の調整が必要です。

デルタスカイクラブラウンジを利用

デルタスカイクラブ

エアラインはガルーダ・インドネシア航空ですが、ガルーダのラウンジは成田空港にはないので同じスカイチームのデルタ航空のラウンジを利用します。

デルタスカイクラブラウンジはデルタ便のビジネスクラス以上はもちろんのこと、ガルーダや大韓航空などのスカイチームメンバーの上級会員やビジネスクラス以上の航空券を持っている人が利用できます。

デルタスカイクラブラウンジの場所

デルタスカイクラブ

デルタスカイクラブは成田空港第1ターミナル第2サテライト22番ゲート付近にあります。

デルタスカイクラブ

出発便は25番ゲートなので近くて助かりました。

デルタスカイクラブラウンジ内の様子

デルタスカイクラブ

中の様子はこんな感じ。朝だったので利用者は少なかったです。

デルタスカイクラブ

広くはありませんが奥にキッズルームがあります。

デルタスカイクラブ

娘は2年前、2歳の時にこのキッズルームに来たことがありますが覚えていませんでした。

デルタスカイクラブラウンジの飲食メニュー

朝9時ごろのラウンジなので食べ物は朝食メニューがメインでした。昼間でもアルコールもしっかり置いてあるのでそちらもご紹介します。

デルタスカイクラブ

アルコール類はこの通り、一通り揃っていたと思います。ビールは缶ではなくビールサーバーです。

朝なので飲んでいる人は少なかった気がします。

デルタスカイクラブ

コーヒー、ソフトドリンク、フレッシュジュースなどももちろんあります。

デルタスカイクラブ

ご飯、味噌汁、中華粥、パンなど。この辺は定番の朝食メニューです。

デルタスカイクラブ

あとはフレンチトースト、卵焼き、野菜スティック、ヨーグルトなど。こちらも朝食らしいメニューですね。

朝9時ごろだとこういったメニューになります。

11時を過ぎるとカレーなどの昼食メニューに切り替わるようです。

デルタスカイクラブ

ラウンジ内からこれから乗るガルーダ便が見えました。

ガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリへ

ガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラス

午前のガルーダ便に乗ってバリのデンパサール空港へ向かいます。

ビジネスクラスの座席

ガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラス

こちらがビジネスクラスの座席です。

成田発デンパサール行きのガルーダ便ですが、これまで乗ったビジネスクラスの中で最も真ん中2席の距離が近かったです。一つ後ろの席は真ん中2席が離れており、窓側席と近くなっているので近い席と離れて席が交互になっています。

ガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラス

自分と娘が真ん中に座り、妻が窓側です。

知らない人と近いタイプの真ん中2席は辛い気がしますが、間にある仕切りを上まで上げ、全く見えなくすることもできます。

ガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラス

足置きです。座席はフルフラットになり、ここが足場となります。

アメニティは開けていないので中身がわかります。一応持って帰ってきたので後で見てみます。

ガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラス

シートの幅ですが子供が寝る分には十分過ぎるスペースです。もちろん大人でもゆったりではありませんが十分な幅。

機内食

まずはキッズミールからご紹介します。

ガルーダ・インドネシア航空キッズミール

4歳の娘も好きなメニューで安心しました。

ただ、お菓子が一緒に出てくると先にそっちを食べたくなってしまう癖は未だに治りません。

ガルーダ・インドネシア航空キッズミール

食後のアイスです。お菓子もこのタイミングで出してもらえるとありがたいですね。

ガルーダ・インドネシア航空機内食

こちらは通常の和食メニューです。

ガルーダ・インドネシア航空機内食

お腹空いてたのもあってか、今まで食べた機内食の中でもトップクラスに美味しかったです。

ガルーダ・インドネシア航空機内食

デザートは要らないと言った気もするのですが用意してもらったのでいただきました。こちらも美味しかったです。

ガルーダ・インドネシア航空機内食

夕方着陸前にはフルーツだけいただきました。これはまー普通です。

バリのデンパサール空港到着。移動はシェラトンホテルで手配

バリデンパサール空港

飛行時間7時間ほどでバリに着きました。時間だけ見るとハワイと変わりませんね。

空港からホテルへの移動は最初の宿泊先であるシェラトンに依頼しました。

タクシーより高いのですが、タクシー乗り場を探す間に声かけられて断るのも面倒なのでホテルに依頼。

バリデンパサール空港

シェラトンに依頼したらこの「GOLDEN BIRD」に行くように指示されました。

バリデンパサール空港

バリで有名なブルーバードタクシーのグループみたいですね。

「GOLDEN BIRD」のところで待っていたらすぐにシェラトンのプラカードを持った人が迎えに来てくれました。

バリデンパサール空港

車はこちら。シェラトンのロゴはありませんがシェラトンのスタッフのような方が運転していました。

シェラトンバリクタにチェックイン│スイートルームにアップグレード

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

空港からクタのシェラトンまで20分くらいでした。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

バリのホテルはロビーで楽器を弾いている人が必ずいます。この楽器の呼び名わかりませんが。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

これだけ翌日の昼間に撮った写真ですが、こちらがフロントです。ホテルの2階にあります。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

一応マリオットの看板はあるのですが、会員専用のチェックインカウンターというものはなさそうでした。

デラックスルーム→スイートルームにアップグレード

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

シェラトンバリクタですが、予約はオーソドックスなデラックスルームを予約しました。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

ただ、実際に泊まった部屋はこちらの4031号室。スイートになっていたのでアップグレードしていただいたようです。

  • デラックスルーム ←予約した部屋
  • デラックスオーシャンビュー
  • デラックスオーシャンビュー海向き
  • オーシャンビュースイート ←実際泊まった部屋
  • オーシャンフロントスイート

マリオットプラチナエリートのおかげだと思います。

スイートルームの様子

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

まずはこちらがリビングとクローゼットです。

大きなソファーと一人がけソファー、更にテーブル、テレビも大きくて開放感のあるリビングです。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

こちらがベッドルーム。

水やコーヒーメーカーなどもベッドルームの方にありました。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

余談ですがバリで中国の音楽番組を見ていたら邦楽が流れていたのですが、左上のテロップでは「日韓流(の中国表記)」と書いていました。

当事者間だと仲の悪い日韓ですが、中国から見ると音楽なんかは日韓一括なのかもしれませんね。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

こちらはバスルーム、洗面台、トイレ。

アメニティーはどこのシェラトンも同じだと思います。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

シャワールームはこちらとなります。

透明なガラスに気付かず娘が激突し大泣きしました。それくらいクリアなガラスです。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

あとはクローゼットのところにゴキブリ用の殺虫剤がありました。これを見ると不安になりますね。

バリは全体的に虫が多いです。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

最後に部屋からの眺望です。

こちらは翌朝に撮った写真ですがかろうじて奥にクタビーチが見えるくらいのオーシャンビューでした。

その他アメニティなど

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

こちらはマリオットボンヴォイのウェルカムアメニティだと思います。

カップケーキは娘が一つ食べました。美味しいと言っていました。

他は食べることができませんでした。

せっかく用意してもらったのに申し訳なかったのですが、殺虫剤を見た後だと心配なので下げてもらいました。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

スリッパの代わりにサンダル。バリっぽいですね。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

子供用にはこちらのリュックをもらいました。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

中身はこれ。子供用サンダルと塗り絵、あとはミニボトルでした。

最近、マリオットホテルに泊まると塗り絵はほぼ必ずもらえますね。娘は塗り絵が好きなのでありがたいです。

シェラトン・バリ・クタ・リゾート

サンダルですが、娘は履きやすいと言っていました。

まとめ

初日はほぼ飛行機で飛んでいるだけ。

翌日からが本格的なバリ旅行記となりそうです。

とりあえず初日をまとめておくと

バリ旅行記初日(シェラトンバリクタ初日)のまとめ
  • 初のガルーダ・インドネシア航空ビジネスは思った以上に良かった
  • シェラトンバリクタではスイートルームにアップグレード

これくらいですかね。

次はシェラトンバリの詳しい情報や併設されているショッピングセンター「ビーチウォーク」などを詳しくご紹介していこうと思います。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。