FX

メンタルを鍛えることが重要…。7月3日FXの結果と反省

メインの株投資もパっとしませんね。

空売り銘柄は上手くいっているものの、ヘッジで買っている銘柄や長期の優待目的、NISA保有株は全滅状態です。まー短期と長期の収支を一緒に考えるからダメなわけで、今は短期売買の銘柄で結果が出ているならOKと考えてもいいのかな。

ジャスダック平均もマザーズ指数も安値割ってきてて危ないですが、そもそも新興株は一切触らないのでセーフ。ただ、周りは負けている人が圧倒的ですね。新興弱いと個人投資家は勝てないんだなと思います。

まー株の話は置いておいてFXの結果報告と反省を。

2018年7月3日のFX結果

7月2営業日目ですが18,440円の負け。7月連敗スタートとなってしまいました。

小さいところではサッカー観戦のために早起きして寝不足でフラフラでやってしまったという点があります。まーでもこれは単なる言い訳ですね。

大きい反省点が2点ほど。

昨日の反省点

  1. 取り戻そうとしてドテンの売り買いを枚数多めでやってしまった。
  2. 取り戻そうとして動きのない時間帯(18時~20時ごろ)枚数多めでやってしまった。

どちらもメンタル的な問題だと思います。実際、3万負けから少し取り戻したのですが、何度もプラ転で一時2万近いプラスがあったことを考えると結局失敗だったんだと思いました。

そもそもドテンはよほどの自信がない限りは封印しようと思います。利益確定からのドテンはOKですが、損切で負けを取り戻すためのドテンのみ封印。

あとは18時以降、余程確度の高いトレンドが出ていない限りは取引はやめます。特に海外市場が休場の時は尚更ですね。全く動きがないところでじっと見てても意味がありません。

株のように日足みながらスイングすれば考える時間も長く、大引け後もじっくり戦略を練れるのですが、スキャ気味のFXデイトレではすぐの立て直しが難しいです。動じないメンタルを作る方が楽なはず。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。