仮想通貨

仮想通貨取引所CoinEXの取引所トークン【CET】7月の配当結果

仮想通貨は頻繁に売買しないのであまり書くネタがないのですが、今回は連日の投稿になります。

仮想通貨取引所の中には自社取引所トークンを保有するユーザーに対して配当を出すところがあります。配当は売買手数料の数十パーセントというのが一般的です。

配当還元型仮想通貨取引所

取引所トークンを持っているユーザーに対して配当還元を行っている仮想通貨取引所はこの辺りとなります。

FCoin(エフコイン)

取引所トークンはFT(FCoin Token)。配当還元型取引所の先駆けとなります。大手取引所Huobiの元CTOであるZhang Jian氏が立ち上げたということで話題となりました。

CoinPark(コインパーク)

取引所トークンはCP(CoinPark Token)。プラットフォーム収益90%を還元。キャンペーン中は取引手数料も100%、CPにて還元しています。第二のFCoinと言われ話題となりました。

ABCC

取引所トークンはAP(ABCC Token)。こちらもFCoin、CoinPark同様に配当還元型の仮想通貨取引所となります。プラットフォーム収益80%を還元。FCoinやCoinParkが話題となったことでこちらのABCCも注目を集めています。

CoinEX

取引所トークンはCET(CoinEX Token)。元は配当還元型の取引所を目指していたわけではないと思いますが、FCoinの注目具合を見て参入してきたんだと思います。BCH(ビットコインキャッシュ)の普及に努める大手マイニングプールViaBTCが運営しています。

他にも配当還元型の仮想通貨取引所はいくつかありますが、有名どころとしてはこの辺りといった感じです。

FCoin、CoinPark、ABCCの取引所トークンは持っていませんが、CoinEXはエアドロップで配られたCETを10万通貨ほど持っており、これのおかげで配当を受け取ることができました。

CoinEXの取引所トークンCETを持っていたことで7月いっぱい、1か月間で得られた配当をご紹介します。

CoinEXの取引所トークン【CET】7月の配当結果

取引手数料をトークン保有者に還元するという仕組みなので、ユーザーがどの通貨を使ったかで得られる配当も変わってきます。

出来高の多いBTC、ETH、USDT辺りの配当が飛びぬけて多かったですね。逆を言えばXRPやLTCなどは時価総額は高いものの、仮想通貨の売買にはあまり使われていないので配当はほとんどありませんでした。

今回は特に報酬の大きかったBTC、ETH、USDTの7月分のみご紹介します。

また配当は7月2日から始まったのでちょうど一か月間ではなく、正確には2日~31日のものとなります。

また、配当が出始めて1週間はもらったものをそのままCET買いに充当しCETの枚数を増やしていました。その後もBTC/USDTの取引なども行い取引所トークンマイニングも行っていたのでもらった配当と多少のずれがあるかもしれません。ご了承ください。

10万CETによるBTC配当

約10万CET保有での7月BTC配当はこんな感じです。

最高配当:0.0085BTC(7月3日)
最低配当:0.0010BTC(7月31日)
平均配当:0.0028BTC
合計配当:0.0863BTC

0.0863BTCは記事掲載日である8月3日時点でおよそ7万円となります。

10万CET保有により、7月の1か月間で7万円分のBTCを得られたということになります。

10万CETによるETH配当

約10万CET保有での7月ETH配当はこんな感じです。

最高配当:0.0378ETH(7月4日)
最低配当:0.0059ETH(7月31日)
平均配当:0.0166ETH
合計配当:0.4986ETH

0.4986ETHは記事掲載日である8月3日時点でおよそ2万円となります。

10万CET保有により、7月の1か月間で2万円分のETHを得られたということになります。

10万CETによるUSDT配当

約10万CET保有での7月USDT配当はこんな感じです。

最高配当:68.044USDT(7月4日)
最低配当:10.967USDT(7月31日)
平均配当:25.979USDT
合計配当:649.482USDT

649.482USDTは記事掲載日である8月3日時点でおよそ7万円となります。

10万CET保有により、7月の1か月間で7万円分のUSDTを得られたということになります。

BTC、ETH、USDTの主要3通貨だけでも15万円分以上の配当を受け取ることができました。

BTC、ETH、USDT以外の配当に関して

流動性の大きい通貨ほど配当も増えるのでBCHやCoinEXの取引所トークンであるCETもそこそこもらえました。

あとはLTCやXRPといった比較的メジャーな通貨でも1か月間で700円程の配当でした。

CET保有によるエアドロップ

配当ではありませんが、CET保有で得られるエアドロップもいくつかあったようです。ほとんどが500円分にも満たないものですが。

大きいところではLFT(Linfinity)という通貨が6,000円分くらいエアドロップされていました。

8月以降のCETによる配当見込み

画像や結果を見てもらえばわかると思いますが、スタートとなった7月上旬の配当が最も高く、7月下旬にかけて大きく下がっています。8月は更に下がるはずです。

CETを買おうという気はありませんが売る気もありません。そもそも仮想通貨トレードをするつもりはなく保有しているものは少なくとも今年中は全て持ち越すつもりです。

8月の配当は7月の5分の1くらいになるだろうと予想しています。9月上旬になったらまた報告記事を書きます。

ちなみに仮想通貨のポートフォリオ記事はこちらです。

2018年8月2日時点の仮想通貨ポートフォリオ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。