SPGアメックスカード

SPGアメックスと通常のアメックスカード(プラチナ・センチュリオン)を2枚持ちする意味はあるのか?

最近SPGアメックスカードを作ってみたのですが、元々持っていたアメックスセンチュリオンカードとサービス被りが多々あります。

ちなみにアメックスセンチュリオンでも得られるマリオットボンヴォイのステータスはゴールドエリートなので、この点はアメックスプラチナと変わりありません

マリオットステータスに限って言えば

SPGアメックス=アメックスセンチュリオン=アメックスプラチナ=マリオットボンヴォイ・ゴールドエリート

となります。

SPGアメックスとアメックスセンチュリオンの比較だとややこしいので、わかりやすく言うとSPGアメックスとアメックスプラチナカードを2枚持ちする意味はあるのか?というのがこの記事のテーマとなります。

SPGアメックスとアメックスプラチナを2枚持ちする意味はあるのか

SPGアメックス

結論から言うと、2枚持ちする意味・メリットはほぼありません

どちらか一つ持っておけばいいと思います。

年会費の安さを考えればSPGアメックスだけでいいかと。

アメックスプラチナの特典も利用したいとなればアメプラのみを持ち、SPGアメックスを持つ必要はないというのが結論です。

どちらか片方のみでいい理由、そして大半の人には当て嵌まりませんが2枚持ちした方がいい場合を説明します。

SPGアメックスとアメックスプラチナのサービス被り

SPGアメックス

SPGアメックスの詳細、特典やメリットなどはこちらの記事に詳しく書いています。

SPGアメックス
SPGアメックスを申し込んでみた│ポイント付与や無料宿泊などの特典を検証ネットで良く目にするSPGアメックスカードを申し込んでみました。 今回、新規でSPGアメックスカードを作ったのですが、アメ...

改めて簡単に要点だけ挙げると

SPGアメックスカードのメリット
  1. マリオットボンヴォイのゴールドエリート資格付与
  2. マリオットポイントでの還元率3%(マリオットグループホテルでの決済で還元率6%)
  3. ポイントをマイルに交換できる
  4. カード更新で無料宿泊券付与

これがSPGアメックスのメインサービスとなります。

で、アメックスプラチナでこれに近い特典はこちら

アメックスプラチナのマリオット&マイル関連特典
  1. マリオットボンヴォイのゴールドエリート資格付与
  2. 外貨建て決済+対象加盟店でポイント3倍(還元率3%)
  3. ポイントをマイルに交換できる
  4. カード更新で無料宿泊券付与

完全に同じなのは1のマリオットボンヴォイゴールドエリート資格。

2~4は似ていますが若干異なるので詳しく説明します。

SPGアメックスとアメックスプラチナ、どちらの還元率が高い?

単純な%比較ならSPGアメックスの方が還元率は高いと思います。

ただし、SPGアメックスのポイントはマリオットのポイントなのでマリオット系のホテルに泊まる場合に限っての高還元率と言えます。

アメックスプラチナも外貨建て決済+対象加盟店での還元率は3%となっています。

アメックスプラチナのボーナスポイントプログラム

ボーナスポイントプログラム対象決済
  • 外貨建て決済
  • Yahoo! JAPAN
  • iTunes Store/App Store
  • JAL公式ウェブサイト
  • アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン

こちらは事前登録が必要であり、ボーナスポイントの上限は年間100,000ポイント(500万円決済分)となります。

詳細は公式ページを確認してください。

SPGアメックスはマリオットグループのホテル決済で還元率6%となり、他決済でも対象なく還元率3%なので、こちらに分があると言えます。

ただ、マイルに交換する場合はアメックスプラチナの方が優れているかもしれません。

マリオットグループのホテル宿泊費に充てる場合はSPGアメックスの方が高還元率

SPGアメックスとアメックスプラチナ、どちらのマイル還元率が高い?

SPGアメックスは通常決済100円につき3ポイント、それが3:1でマイルに交換できるのでマイル還元率は1%

マリオットグループホテル決済では100円につき6ポイントなのでマイル還元率は2%

アメックスプラチナは通常決済100円で1ポイントなのでマイル還元率は0.8%(ANAはマイル還元率1%だが年間移行上限40,000マイル)

アメックスプラチナの外貨建て決済+一部のサービス決済では100円3ポイントなのでマイル還元率は2.4%(ANAはマイル還元率3%だが年間移行上限40,000マイル)

アメックスプラチナからJALマイルへの交換はできません。

その他の航空会社へは1:0.8で移行となります。

アメックスポイント1:0.8の航空会社
  • アジア・マイル(キャセイパシフィック航空)
  • クラブ・ミッレミリア(アリタリア イタリア航空 )
  • エティハドゲスト(エティハド航空)
  • クリスフライヤー(シンガポール航空)
  • プリヴィレッジクラブ(カタール航空)
  • フライング・ブルー(エールフランスKLM)
  • エミレーツ・スカイワーズ(エミレーツ航空)
  • スカイマイル(デルタ航空)
  • ダイナスティ・フライヤー・プログラム(チャイナエアライン)
  • ロイヤルオーキッドプラス(タイ航空)
  • SAS ユーロボーナス(スカンジナビア航空)
  • フライングクラブ(ヴァージンアトランティック航空)
  • エグゼクティブ・クラブ(ブリティッシュ・エアウェイズ)
  • フィンエアー・プラス(フィンエアー)

交換先の航空会社次第ですが、マイル還元率に関しては甲乙つけがたい高還元率となっています。

SPGアメックスはマイル還元率1~2%でほぼ全ての航空会社マイルに交換可能

アメックスプラチナは0.8%~3%のマイル還元率だが、JALマイル移行はできず、ANAマイルへは年間40,000マイルが移行上限

SPGアメックスとアメックスプラチナ、どちらの無料宿泊券が優れている?

どちらもカード更新時に1泊のホテル無料宿泊券が付いてきます

ただ、これに関してはSPGアメックスの方が断然優れています

SPGアメックスはマリオットグループのカテゴリー6までのホテルに除外日無しで部屋が空いていれば泊まることができます。

アメックスプラチナの無料宿泊は『フリーステイギフト』という名称。複数のホテルグループから選べますが、対象ホテルも微妙なところが多い上に除外日だらけで使い物になりません。週末はほぼ宿泊除外日です。

どちらも一番下の部屋に無料宿泊ですが、SPGアメックスはホテルステータスに寄ってサービスが異なります。プラチナエリートであればプラチナ特典も適用されます。

アメックスプラチナのフリーステイギフトはどのホテルでも素泊まりとなり、ホテルステータスも適用されません。ヒルトンのダイヤモンドであってもフリーステイギフトでの宿泊にダイヤモンド特典は適用されません。

同じ無料宿泊でも選べるホテル数、選べる宿泊日、適用される特典、全てにおいてSPGアメックスが優れている

SPGアメックスとアメックスプラチナどちらを選ぶべき?

選択

どちらか一方を持っているなら2枚目を発行する意味はほぼないと思います。

また、どちらを選ぶべきか?ということに関しては

マリオットグループホテルに良く泊まるならSPGアメックス

高い年会費が気になるならリーズナブルなSPGアメックス

マリオット以外のホテルも良く泊まる+その他のクレカサービスも欲しいならアメックスプラチナ

ということになります。

SPGアメックスは年会費3万円強、アメックスプラチナは年会費13万円強、4倍も差があります。

ただ、アメックスプラチナにはヒルトンやシャングリラのホテルステータスやプライオリティパス、国内レストランサービスなど多数の特典があります。

そういったマリオット以外のサービスも気になるならアメックスプラチナの申し込みも要検討かと。

SPGアメックスとアメックスプラチナを2枚持ちした方がいい場合

SPGアメックス

2枚持ちした方がいい人、いい場合があるのでそれに関してまとめておきます。

SPGアメックスを持っている人が新たにアメックスプラチナを作った方がいい場合

前述したようにマリオットグループのホテル特典以外も気になる人はアメックスプラチナも検討していいのかなと思います。

ただ、2枚持つと年会費は15万円以上です。

普通に生活していたら年会費の元を取るのはほぼ不可能です。

頻繁に旅行や高級レストランに行くということであれば2枚持ちもありですが、普通に考えたらどちらか一方だけで充分です。

アメックスプラチナを持っている人が新たにSPGアメックスを作った方がいい場合

個人的にはこちらのパターンが多い気がします。

アメックスプラチナを持っている人がSPGアメックスも作った方がいい場合は

  • マリオットグループホテルに良く泊まる場合(年間20泊以上)
  • JALマイル、ANAマイルを貯めたい人

SPGアメックスはマリオットグループホテルでの支払いで還元率6%となるので断トツの高還元クレカとなります。

また、アメックスプラチナではANAマイルが年間40,000マイルまでしか貯めることができず、JALマイルに至っては一切移行できません。

JALマイルやANAマイルをメインで貯めたいという場合、アメックスプラチナカードは解約して他のクレカを使った方がいいかもしれません。

SPGアメックスとアメックスプラチナの2枚持ちまとめ

結論はこうなります。

  • どちらも得られるマリオットステータスはゴールドエリート
  • 2枚持ちは年会費を考えるとコスパ悪い
  • マリオットグループホテルに良く泊まるならSPGアメックス一択
  • JALマイル、ANAマイルを貯めたいならSPGアメックス
  • マリオット特典以外も気になるならアメックスプラチナだが年会費は高い

人によって考え方は違うと思いますが、個人的な考えをまとめるとこんな感じです。

ちなみに自分はアメックスセンチュリオンカードを持っていますが、今回新たにSPGアメックスを作ってみました。(2019年2月末)

SPGアメックスは紹介経由で申し込み、3ヶ月以内に10万円決済すれば36,000ポイントがボーナスとして与えられます。これだけでも年会費相当にはなるのかなと。

また、たまたまもらえたマリオットボンヴォイのプラチナエリートステータスがあるので2019年はマリオットグループのホテルを中心に泊まろうと思ったからです。

ただ、このプラチナエリートステータス、2020年1月末までと思ったら人によって違うようです。2019年3月にゴールドエリートにランクダウンしてしまっている人も多い模様。

マリオットカスタマーに問い合わせて2020年1月末までプラチナエリート継続と言われてSPGアメックスを作りましたが、後でやっぱりゴールドエリートですって言われたら悲しいですけどね。

SPGアメックスやアメックスプラチナを紹介することもできますので下記フォームから『アメックスカード紹介希望』と連絡ください。






でもどうせなら周りの家族、友人、知人から紹介してもらった方がその人にもポイントが付与されるのでその方がいいですよ。

紹介元がアメックスゴールド会員であっても審査内容や貰えるボーナスポイントに差はありません。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。