アメックスセンチュリオンカード

【2019年最新版】香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジ│センチュリオン会員専用エリア情報アリ

香港国際空港内にあるアメックスセンチュリオンラウンジの2019年最新情報をご紹介します。

ただ、最新と言っても前回2018年8月に訪れた時と内装は全く変わっていませんでした。

その時の記事がこちら。

香港国際空港アメックスセンチュリオンラウンジ限定エリア
香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジに行ってきました|センチュリオン限定エリアも公開2018年8月に香港のディズニーランドに行ってきました。 帰国の際に香港国際空港内にあるアメックスセンチュリオンラウンジに行ってき...

センチュリオン会員専用エリアで出される食事メニューが大きく変わっていたのでその辺りを中心にご紹介。

あとはアメックスセンチュリオンラウンジの基本情報も改めて載せておきます。

アメックスセンチュリオンラウンジとは

前回の記事と内容が被ってしまうのですが、基本情報として改めて載せておきます。

利用条件

アメックスセンチュリオンラウンジという名称ですが、アメックスセンチュリオン会員だけでなく、アメックスプラチナ会員も利用することのできるラウンジです。

センチュリオンラウンジ

個人カードだけでなく、ビジネスカード、コーポレートカードでも利用可能ですが、プロパーカードのみが利用対象となります。(セゾンプラチナアメックスやJALアメックスプラチナなどは利用不可)

同伴者も2名まで無料で利用可能。

センチュリオン会員は同伴者2名、もしくは家族(配偶者及び18歳未満の子供)が無料で利用可能となります。

無料対象人数を超える場合は1人50ドルの費用が発生。

具体的な例としては、家族4人以上で利用する場合は2枚のプラチナカードが必要となります。家族カードも忘れずに持って行きましょう。

また家族無料となるセンチュリオンカードでも、基本カードの両親などは家族扱いではないようです。(配偶者と18歳未満の子供が家族の条件)祖父母、夫婦、子供2人など6人家族の場合はセンチュリオンカードであっても2枚必要となります。

ニューヨーク空港以外は全てセキュリティ検査通過後のエリアにある為、当日の航空券(航空会社や座席クラスは問わず)とパスポートが必要となります。

センチュリオンラウンジ利用条件まとめ

  • プラチナ会員とセンチュリオン会員のみ利用可能
  • ビジネスカード、コーポレートカードも利用対象(但し、プロパーカードのみ)
  • 同伴者2名まで無料(センチュリオン会員は2名or家族が無料)
  • 当日の航空券が必要(航空会社や座席クラスは問わず)

アメックスセンチュリオンラウンジがある空港

アメックスセンチュリオンラウンジは以下9つの空港内にあります。

  • ダラス・フォートワース国際空港
  • 香港国際空港
  • ヒューストン・インターコンチネンタル空港
  • ラスベガス空港
  • ニューヨーク・ラガーディア空港
  • フィラデルフィア国際空港
  • マイアミ国際空港
  • シアトル・タコマ国際空港
  • サンフランシスコ国際空港

9つ中8つがアメリカ国内の空港となります。

アメリカ以外では唯一、今回ご紹介する香港国際空港内にあります。

詳しくはセンチュリオンラウンジ公式サイトをご確認ください。

※日本語サイトは見つけられませんでした。

基本サービス

公式サイトには基本サービスとして以下の項目が挙げられています。

  • 有名地元シェフの料理
  • カクテル、スピリット、ワインなどのアルコール
  • 高速Wi-Fi
  • セミプライベードワークスペース
  • プリンター、FAX、コピー機
  • テレビ、雑誌、新聞
  • スパサービス(一部の空港のみ)
  • ワインテイスティング(一部の空港のみ)
  • 会議室(一部の空港のみ)
  • シャワー(一部の空港のみ)
  • ファミリールーム(一部の空港のみ)
  • 荷物ロッカー(一部の空港のみ)

“一部の空港のみ”となっているサービスですが、今回訪れた香港国際空港にはほとんどなかったと思います。(会議室のようなスペースはあったかも)

【2019年情報】香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジ

香港国際空港センチュリオンラウンジ

ここからが実際に行った香港国際空港内にあるアメックスセンチュリオンラウンジのレポートとなります。

センチュリオンラウンジの場所│連絡シャトルが便利

香港国際空港センチュリオンラウンジ

赤い部分がイミグレーション、出国審査エリアとなります。

そこから一つ下の階に降りて、20番台、30番台の出発ゲートを超えた先、60番ゲート付近にラウンジ階へ上がるエレベーターがあります

徒歩だと10分くらいかかります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

これを黄色の部分から更に下へ降りて空港内連絡シャトルに乗ると1分で60番ゲート付近に行くことができます

連絡シャトル電車は無料で乗ることができます。待ち時間もほぼありません。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

イミグレーション通過後すぐにある駅から『40-80ゲート駅』で降車

香港国際空港センチュリオンラウンジ

40-80でシャトルを降りたら60番ゲートを目指します。降車後徒歩1分くらいの距離です。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

60番ゲート付近、子供服が売っているお店の隣にラウンジ階へ上がるエレベーターがあります。

アメックスのマークもあるのでわかりやすいかと。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

案内図を拡大すると赤い部分となります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

このエレベーターを上へ上がると

香港国際空港センチュリオンラウンジ

エミレーツ航空ラウンジ、プラザプレミアムラウンジ、タイ空港のロイヤルオーキッドラウンジと一緒にアメックスセンチュリオンラウンジがあります。

ちなみにプラザプレミアムラウンジはアメックスカード特典のプライオリティパスで利用できるラウンジなのでそちらも使えると思います。

センチュリオンラウンジの様子

香港国際空港センチュリオンラウンジ

香港国際空港内のアメックスセンチュリオンラウンジの様子をご紹介します。

まずはアメックスプラチナ会員、センチュリオン会員が利用できるエリアです。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

ラウンジのメインエリアはこんな感じです。

満席のようにも見えますが、奥にも席があるので意外と空いています。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

カウンター席もあるので一人でもくつろげます。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

テレビのあるミィーティングスペース。これを会議室と言えるかどうかはわかりませんが。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

ここがセミプライベードワークスペースかと思います。2つ部屋がありました。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

2017年に出来たばかりということもあり、トイレも綺麗。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

ロクシタンのハンドソープです。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

高速WiFiはセンチュリオンラウンジ入室の際に渡されたこちらのカードの情報でアクセス可能となります。

センチュリオンラウンジでいただける料理・ドリンク

センチュリオンラウンジでは地元有名シェフの料理、カクテル、スピリット、ワインなどのアルコール、そしてソフトドリンクをいただくことができます。

アルコールも含め、全て無料となっています。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

まずはこちら、メインエリアにバーカウンターがあります。

ここでカクテルやワインなどのアルコールを頼むことができます。

航空会社のビジネスクラスラウンジよりもアルコール類は豊富だと思います。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

コーラー、スプライト、ジンジャエールなど、普通の炭酸ジュースもあります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

コーヒー、紅茶などのホットドリンクもあります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

パンやクラッカーなど。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

春巻きとシュウマイでしょうか。この辺りは日替わりメニューかと。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

野菜料理や焼き魚、フライなどもあります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

パスタとピラフといった主食。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

サラダも数種類。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

フルーツもあります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

デザートのケーキやマカロン。子供に人気ですね。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

高そうなアイス。ナッツとバニラ、ストロベリーがあります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

MOVENPICK(モーヴェンピック)というアイスで日本には売っていないみたいですが、台湾や香港で人気のようです。

以上がプラチナ会員、センチュリオン会員ともに利用できるエリアの料理とドリンクです。

これだけでも一般的な航空会社のビジネスクラスラウンジ同等以上かと思います。

センチュリオン会員専用エリア

ここからがセンチュリオン会員専用エリアのレポートとなります。

センチュリオン会員専用エリアの場所と中の様子

香港国際空港センチュリオンラウンジ

場所はセンチュリオンラウンジメインエリアを突っ切った先にあります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

このセンチュリオンマークがセンチュリオン会員専用エリア受付となります。

センチュリオンラウンジ

センチュリオンラウンジに入る際に渡されたこちらのカードが専用エリアへ入るパスとなります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

受付にパスを渡すとこの自動ドアを開けてもらえます。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

センチュリオン会員専用エリアの中はこのようになっており、また椅子とテーブルがあります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

全部で12のテーブルとそれに対応した椅子があるので余裕で座れるかと思います。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

ファミリー向けの椅子とテーブルもあります。

センチュリオン会員専用エリアの食事メニュー

まず先に、センチュリオン会員専用エリアのセルフメニューですが

香港国際空港センチュリオンラウンジ

この部分だけとなります。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

コーヒーやクッキー。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

オレンジジュース、パイナップルジュース、ラズベリージュースなど。

炭酸ジュースやアイス、セルフの料理が欲しい時は専用エリアから出て取りに行く必要があるのでちょっと面倒です。

頼めば持って来てくれるかもしれませんが、申し訳ないので自分で取りに行きます。

香港国際空港センチュリオンラウンジ

あとはこちらが注文できるアラカルトメニューです。

前回訪れた時とは食事メニューも大きく変わっていました。

詳しくは前回の香港国際空港センチュリオンラウンジのレポートをご覧ください。

香港国際空港アメックスセンチュリオンラウンジ限定エリア
香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジに行ってきました|センチュリオン限定エリアも公開2018年8月に香港のディズニーランドに行ってきました。 帰国の際に香港国際空港内にあるアメックスセンチュリオンラウンジに行ってき...

スープ

かぼちゃのスープ
グリッシーニ添え

香港国際空港センチュリオンラウンジ

グリッシーニが写っていませんが、来て早々に娘に取られてしまいました。温かいスープです。

前菜

ビートルートと青りんごのタルタルサラダ
ハーブとヨーグルト添え

※写真なし

ギリシャサラダ
スイカとフェタチーズ添え

※写真なし

オシェトラキャビアとダンジネスクラブ
クリームフレッシュ、チャイブ、ワカモレ、シーフードクラッカー

香港国際空港センチュリオンラウンジ

センチュリオンマークの下にキャビアとカニの身が敷き詰められています。

ミニブラックトリュフバーガー
キャラメライズドオニオンとブリーチーズとスイートポテトフライ

香港国際空港センチュリオンラウンジ

前菜欄にありますがメインでもおかしくないボリューム。前回来た時はメイン欄にありました。

さつまいものフライドポテトなので甘いです。

メイン

味噌ダレの黒ダラ
ほうれん草と椎茸、テリヤキソース

香港国際空港センチュリオンラウンジ

味噌味なので食べやすく、美味しかったです。なぜか蕎麦もついてきました。

トマトソーススパゲッティ
キノコとパセリ

香港国際空港センチュリオンラウンジ

見た目以上に辛いスパゲッティでした。子供用に頼んだのですが幼児にはきつい辛さです。

四川風ピリ辛エビ
ジャスミンライス

※写真なし

ベジタブルティカマサラ
バスマティライス

※写真なし

和牛ほほ肉
ボルチーニ茸とトリュフマッシュポテト

香港国際空港センチュリオンラウンジ

ほほ肉なので崩れやすいお肉でした。自分はステーキのような肉の方が好きです。

デザート

チーズの盛り合わせ
クルミとブドウのアプリコットコンポート

※写真なし

季節のフルーツプレート

香港国際空港センチュリオンラウンジ

こちらは前回行った時に撮った写真ですが。フルーツプレートは定番メニューのようです。

レモンケーキ
ミックスベリー添え

※写真なし

日本語だとこのようなメニューだと思います。

翻訳が間違えていたらすみません。

スープ、前菜、メインなどいろいろと頼んでみましたが、どれも本当に美味しかったです。

ただ、子供向けの料理ではなかったので、小さいお子さんがいる場合は専用エリアを出て、ビュッフェ形式の料理やデザート取ってきた方がいいかもしれません。

大人でもメニューから料理を選ばず、専用エリア外の料理だけいただいている方もいました。

また、アルコールを飲まないのでそちらの写真は撮り忘れてしまいました。

アルコールもシャンパン、ワインなど一通り揃っていたかと思います。

香港アメックスセンチュリオンラウンジまとめ

以上が2019年1月時点での香港国際空港内アメックスセンチュリオンラウンジの最新情報となります。

まとめるとこんな感じ

  • アメックスプラチナ会員とセンチュリオン会員のみ利用可能
  • ラウンジ内は一般的なビジネスクラスラウンジと同等(アルコールはこちらが豊富)
  • 食べ物、飲み物(アルコール含む)は全て無料
  • 空港会社、座席クラスは問わず、当日の航空券とアメックスカードがあれば利用可
  • センチュリオン会員専用エリア有り
  • センチュリオン会員専用エリアと他のエリアの違いはコースとドリンクのメニューだけ

要点だけまとめるとこんな感じでしょうか。

注意したいので香港国際空港の60番ゲート付近にあるので、事前に自分が乗る搭乗口を確認した上で利用しましょう。

センチュリオンラウンジと搭乗口が離れていると移動で10分以上掛かってしまい、乗り遅れてしまう恐れもあります。

特にLCCなどを利用する場合、第一ターミナルではなく第二ターミナルとなってしまうこともあるのでご注意を。

ラウンジのサービス内容としては十分過ぎるかと思います。特にエコノミークラスの利用でビジネスクラスラウンジが使えない場合は役立ちます

成田空港、関西空港などにこのセンチュリオンラウンジがができればアメックスプラチナカードの価値が急上昇するでしょう

今のところ、日本にセンチュリオンラウンジができる予定はありませんが…出来てくれたら嬉しいですね。

センチュリオンラウンジではありませんが、日本では期間限定で街中にアメックスラウンジが出現します。

こちらは2018年夏にオープンしたアメックスラウンジ『THE GREEN Cafe AMEX』の記事です。併せてご確認ください。

アメックスの銀座ラウンジ『THE GREEN Cafe AMEX』に行ってきました。センチュリオンカード会員の特典は?アメックスの銀座ラウンジ『THE GREEN Cafe AMEX』に行ってきました。 このアメックス銀座ラウンジですが、2...

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿コメント一覧

  1. 匿名 より:

    利用条件に、「家族(配偶者及び18歳未満の子供)が無料で利用可能となります」
    と記載されておられますが、そのような規定はありません。
    あなたの紹介では子供の人数にも制限が無いように誤解されますよ。

    規定に家族という条件はなく、「会員と他の二名、計3名で利用できます。」

  2. sinsublog より:

    ご指摘いただきありがとうございます。

    改めてアメックスの公式アプリで確認しましたが、「直系のご家族(配偶者または法的パートナーと18歳未満のお子様)または2名の同伴者様」と書いてあるのでセンチュリオン会員の場合は家族は無料で利用可能だと思います。

    センチュリオンラウンジ

    ただ、こちらは香港国際空港のセンチュリオンラウンジの利用条件となっており、その他アメリカの国際空港での利用条件は異なるかもしれません。後ほど確認し、利用条件が異なるセンチュリオンラウンジがありましたら注意書きを追記させていただきます。

    また、上記は日本発行のアメックスセンチュリオンカードの利用条件となっており、海外発行カードの利用条件は異なる可能性があります。そちらは確認することができないのでご了承ください。

    アメックスプラチナカードの利用条件に関しては「同伴者も2名まで無料で利用可能。」と記載させて頂いております。こちらは匿名様が仰る通りの利用条件となっています。