アメックスセンチュリオンカード

アメックスセンチュリオンの旅行保険以外の保険│意外と使える補償がありました!

アメックスセンチュリオンの海外旅行保険と国内旅行保険に関しては別記事で書きました。

アメックスセンチュリオンの海外旅行保険│一般的な旅行保険は完全不要となるレベル

アメックスセンチュリオンの国内旅行保険│アメックスプラチナやその他クレカと比較

アメックスセンチュリオンカードは年会費が高いので、それに見合う海外旅行保険内容になっているかと思います。

国内旅行保険に関してはあってもなくてもどっちでもいいかなと。充実していてもあまり意味のない保険だと思いました。

今回の記事はアメックスセンチュリオン会員の旅行保険以外の保険について紹介します。

アメックスセンチュリオンの付帯保険

アメックスの保険

アメックスセンチュリオンカードに付帯する保険ですが、海外旅行保険同様に大半がアメックスプラチナカードの付帯保険と重複しています。(補償内容はほぼ同じ)

アメックスプラチナも年会費14万円と高額なので保険が充実していて当然のクレカ。

アメックスセンチュリオンで年会費が倍増となっても、そこまで付帯保険が劇的にグレードアップするわけではないようです。

キャンセル・プロテクション

旅行やコンサートなどに行けなくなった場合のキャンセル費用を補償してくれる保険。

アメックスセンチュリオン会員
付帯条件利用付帯
補償金の限度額年間最高100万円(プラチナ会員は年間50万円)
自己負担額「1,000円」または「キャンセル費用の10%に相当する額」のいずれか高い額

アメックスセンチュリオンの会員ページにはこのように書かれています。

カード会員様や1親等以内のご親族、同行予定者の突然の病気やケガによる入院などで、予約されていた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償するサービスです。さらに、同行予定者1名分もあわせて補償いたします。

以下のサービスを“センチュリオンカードで決済した場合”に補償の対象となります。

  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテルなどの宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送
  • 宴会、パーティの用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行

キャンセルプロテクションはアメックスプラチナもアメックスセンチュリオンも同じなのですが、費用をカードで支払った場合のみ補償対象となります。つまりは利用付帯ということです。

アメックスセンチュリオン会員は国内旅行も海外旅行も自動付帯なのですがカードでの決済は不要でしたが、事前の致し方ないキャンセルを考えれば旅行費用は全てセンチュリオンカードで払った方がいいということですね。

ただ、気を付けたいのは、単なる急用、軽い体調不良でキャンセルしても補償は受けられないということです。

「突然の病気やケガによる“入院”が条件となるのでハードルはやや高いです。

親戚が亡くなってお葬式に出席しなければならないといった場合も、1親等以内のご親族」という条件があるので簡単には認められない気がします。

あとは一応、自然災害でも適用されるみたいです。

旅行が中止になるほどの自然災害は滅多にないと思いますが、自分はハワイ結婚式の出発日が大雪で飛行機が飛ばず延期となりました。可能性は低いですがありえる話です。

ただ、自然災害でキャンセルとなった場合は保険なんて使わずとも費用は全て返ってくると思います。

まー滅多に出番はないと思いますが、あればいつか使うかもしれないという補償サービスですね。

オンライン・プロテクション

オンラインショッピングで第三者にカードを不正利用された場合にその代金を補償するサービス。

これに関してはアメックスとか関係なく、クレジットカードなら当たり前すぎる補償ですね。

リターン・プロテクション

センチュリオンカードを使って購入した商品を返品しようとした際に、購入店が返品に応じてくれなかった場合にその料金を補償するサービス。

アメックスセンチュリオン会員
付帯条件利用付帯
補償金の限度額1商品につき3万円まで(年間最高15万円まで)

新品未使用が補償対応の条件なので、そうなると返品を受け付けてくれない店舗というのは少ない気がします。

閉店セール品、消耗品、貴金属などの宝石、有価証券など、一般的に返品不可な商品はリターンプロテクションでも補償対象外なのであまり意味のないサービスな気がします。

リターンプロテクションについて軽くググってみましたが、実際にこの補償を使ったという人もいない気がします。

むしろどういった場合に使える補償なのか、保険会社が事例を出して欲しいレベルで出番のないサービスの気がしてきました。

ショッピング・プロテクション

国内、海外を問わずカードで購入したほとんどの商品について、破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、1名様年間最高500万円まで補償。

アメックスセンチュリオン会員
付帯条件利用付帯
補償金の限度額年間最高500万円
免責金額1事故につき1万円

これはアメックスプラチナ、アメックスセンチュリオンも内容が変わらない補償サービスです。

この記事を書くために改めてショッピングプロテクションを調べてみたのですが、思ってた以上に使えるサービスだと感じました。

前に見た時は携帯やパソコンは補償対象外だった気がしますが、どうやら自分の勘違いでした。(携帯などが対象外なのは次に挙げるホームウェア・プロテクションの方でした)

携帯などの電子機器はもちろん補償対象ですし、アクセサリーや時計といった高級品の盗難でも補償してくれるようです。

アメックスの保険

これまで一度も利用したことはありませんが、遡ってみれば意外と出番があったのかもしれません。

ちなみに最初から付帯されているショッピングプロテクションは購入後90日で免責1万円ですが、オプションで『ショッピング・プロテクション・ワイド』というものに入れば365日まで補償免責費用も実質0円となるようです。

『ショッピング・プロテクション・ワイド』は年間保険料5,000円だと200万円まで補償、年間保険料12,000円だと500万円まで補償というオプションになります。

カード決済したほとんどの商品が365日まで、免責費用なしで補償されるとなるとワイド加入も検討していいレベルかと思ってきました。

ショッピングプロテクションはこれまで一度も利用したことはありませんが、今後は少し意識してみようかと思います。

もし利用する機会があれば記事で経緯などを紹介します。

年間2回以上の利用頻度になるようであれば、オプションのショッピングプロテクションワイドにも加入しようかと思います。

ホームウェア・プロテクションとワランティー・プラス

ホームウェアプロテクションとワランティープラスは補償内容が重複しているので併せて書きます。

ホームウェアプロテクションは、現在保有している電化製品、パソコン、カメラが火災・盗難・破損・水漏れなどの偶然な事故によって破損した場合に購入金額の50~100%を補償するサービスです。

ワランティープラスはカードで購入した商品をメーカー保証終了後2年間延長して修理を保証するサービスです。

ホームウェアプロテクションとワランティープラスの補償内容をまとめたものがこちらとなります。

ホームウェア・プロテクションワランティー・プラス
補償金の限度額合算して年間50万円まで
付帯条件自動付帯利用付帯
事故内容故障火災・盗難・破損・水漏れ
購入日から6ヶ月購入金額の100%メーカー保証
6ヶ月~1年購入金額の90%メーカー保証
1年~2年購入金額の80%
2年~3年購入金額の70%
3年~4年購入金額の60%保証なし
4年以上購入金額の50%保証なし

これもアメックスプラチナ、アメックスセンチュリオン共通の補償サービスです。

今まで一度も利用したことがありませんが、詳しく調べてみるとホームウェアプロテクションも利用頻度の多そうな補償サービスでした。

メーカー保証が切れた後でも対応してくれる&ホームウェアプロテクションはアメックスセンチュリオンカードで支払っていなくても補償対象です。

自分の場合、ヨドバシやビックカメラで家電を買う場合はクレカではなく現金払いが多いです。(還元ポイントが変わってくるので)

そうなると利用付帯のワランティープラスは対象外ですが、自動付帯のホームウェアプロテクションは対象内です。

また、3、4年前に買ったものは壊れても諦めて新たに買っていたのですが、この保険があれば一旦修理に出すのもありだと思えてきました。

軽くググってみるとホームウェアプロテクションの補償を使って保険金が下りた人は結構いるみたいですね。流石に条件がゆるいので使っている人はいるようです。

携帯電話は対象外ですが、そっちはショッピングプロテクションでカバーすれば良さそうですし、ホームウェアプロテクションはお世話になる機会がありそう。

利用することがあればブログで体験談を書こうと思います。

個人賠償責任保険

基本会員、その配偶者、生計をともにする家族が日常生活の事故で他人に対して法律上の賠償責任が生じた場合、1億円を限度に補償してくれる保険です。

アメックスセンチュリオン会員
付帯条件自動付帯
補償金の限度額1事故につき1億円
対象者基本会員、配偶者を含む家族

個人賠償責任保険に関して、具体例も書かれているのでご紹介します。

  • 屋根瓦が落ち通行人に当たってケガをさせた。
  • へいに釘が出ていて、よその人の洋服を引き裂いた。
  • お子様のキャッチボールでよその家の車や窓ガラスを壊した。
  • 不注意で洗濯機や風呂の水をあふれさせ、階下の戸室の天井や壁を汚損した。
  • 買物をしていて、誤って店の商品を壊した。
  • 子供が訪問先の家具を誤って壊した。
  • 飼犬が通行人に噛みついてケガをさせた。
  • 自転車で買物に行く途中、よその人に衝突しケガをさせた。

全て起こり得る事故だと思います。

特に自転車で人に衝突してしまい、後遺症が残るような怪我をさせてしまうというのはニュースでも良く目にします。

こういったものが家族も含めて補償されているというのは大きいですね。

クレカに自動付帯しているというのは少ないようですが、月に数百円程度を支払えばオプションとして付けることが可能なカードは多いみたいです。

数百円程度の価値しかない保険という見方もできますが、あえて入っているという人も少ない気がするので、それが自動で付いていれば万が一でも安心だと思います。

自分の場合だと子供が友達の家で家具を壊してしまったり、妻が自転車で誰かを轢いてしまうということは起こり得ると思います。

利用するようなことがあれば精神的に凹むので起こって欲しくはありませんが、万が一の場合はこの保険を思い出して使ってみるつもりです。

ゴルフ・テニス・スキー保険

ゴルフ、テニス、スキーでの事故による損害を補償してくれる保険です。

ゴルフ保険

  • 死亡・後遺障害保険:最高1,000万円
  • 入院保険:日額15,000円
  • 通院保険:日額10,000円
  • 用品損害保険:年間10万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用保険:最高30万円
  • 第三者賠償保険:最高50万円

用品損害保険の対象はゴルフクラブ、ゴルフボール、ゴルフバックなど。ホールインワン・アルバトロス保険の対象は記念品購入費用、祝賀会費用、記念植樹費用、キャディへの祝儀など。

第三者賠償保険は他人に怪我をさせてしまった場合の保険。

ゴルフはしないので自分は利用する機会がありませんが、頻繁にゴルフへ行く人にとってはメリットのある保険かと思います。

ゴルフクラブやゴルフバックの破損も補償してくれるなら結構な頻度でありそう。

また、万が一のホールインワンでもお金気にせずにお祝いできるのが大きいですね。

妻の母はゴルフをやるのですが、残念ながら家族カードはこの保険が適用されないようです。

テニス保険

  • 死亡・後遺障害保険:最高250万円
  • 入院保険:日額3,750円
  • 通院保険:日額2,500円
  • 用品損害保険:年間10万円
  • 第三者賠償保険:最高50万円

用品損害保険の対象はテニスラケット、テニスボール、収容バックなど。

第三者賠償保険は他人に怪我をさせてしまった場合の保険。

これもゴルフ保険同様、用品損害保険はテニスをする人なら利用頻度が多そうです。

自分はテニスもしないので関係なさそうな保険。

スキー保険

  • 死亡・後遺障害保険:最高500万円
  • 入院保険:日額5,000円
  • 通院保険:日額2,500円
  • 用品損害保険:年間10万円
  • 第三者賠償保険:最高50万円

用品損害保険の対象はスキー板、ストック、スキーウェアなど。

第三者賠償保険は他人に怪我をさせてしまった場合の保険。

これもゴルフ、テニスと同じですね。用品損害保険は使う機会がありそうな保険です。

また、ゴルフやテニスと違って骨折など、入院や通院が必要な怪我をする頻度がスキーは多いと思います。そういった意味でも貴重な保険かと。

自分はスキーはしません。スノボは稀にします。この保険がスノボに対応しているのかどうかはわかりません。

スノボ行く機会があれば事前にコンシェルジュに聞いてみるつもりです。

また、ゴルフ、テニス、スキー保険の全てに言えることですが、家族特約が付いてなさそうなので、家族でやる場合には自分にしか対応していないのかもしれません。

アメックスセンチュリオンの旅行保険以外の保険まとめ

アメックスの保険

この記事を書くために改めてアメックスの保険を詳しく調べてみて良かったです。

利用する機会がありそうな保険(過去に利用すべきだった保険)がいくつかありました。

アメックスセンチュリオンの旅行保険以外のことをまとめるとこんな感じです。

  • アメックスセンチュリオンとアメックスプラチナで違いはほぼない
  • ショッピング・プロテクションは利用する機会がありそう
  • ホームウェア・プロテクションは利用する機会がありそう
  • 個人賠償責任保険は利用する機会がありそう

ショッピングプロテクションは携帯などを誤って壊してしまった場合には使えそうです。ただ、アメックスカードで決済する必要があるので注意。

利用頻度が多ければワイドの加入も要検討です。

ホームウェアプロテクションは自動付帯なので確実に利用する機会が出てきそうです。

個人賠償責任保険はできれば出番のない保険であって欲しいですが、万が一の時は役立ちそう。

こういった結果となりました。調べて良かったです。

ただ、最後に注意したい点ですが

  • ショッピング・プロテクション
  • ホームウェア・プロテクション
  • 個人賠償責任保険
  • ゴルフ・テニス・スキー保険
  • 海外レンタカー保険(前回記事で紹介)

この5つの保険に関しては、対象者が“センチュリオン・カード会員”と書いてあります。

その他の保険の対象者は“カード会員”となっています。

つまり、自分が使えそうと思った保険に関しては基本カード会員、もしくは配偶者カード会員のみ対応ということだと思います。(この2枚だけがブラックカード=センチュリオンカードだから)

流石にこれらの保険が家族カードでも適応されるということはないようです。

まーそれでも十分な補償内容となっているので、今後利用できる機会があれば利用していこうと思います。

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。