アメックスセンチュリオンカード

アメックスセンチュリオン(アメックスブラック)だけの特典・サービス|個人的に使えるサービスまとめ

前回、アメックスセンチュリオンの特典一覧という記事を書きましたが、アメックスプラチナと重複しているものも全て書いたために長くなりすぎました。

【2019年更新】アメックスセンチュリオン(アメックスブラック)の特典一覧|プラチナ特典との違いとはアメックスセンチュリオン(アメックスブラック)の特典・サービスをご紹介します。 アメックスセンチュリオンとアメックスプラチ...

今回はアメックスセンチュリオンだけの特典・サービスのみをご紹介します。

また、アメックスプラチナと重複しているものも含め、個人的に使えると思った(実際に使っている)アメックスのサービスもまとめてみました。

目次

アメックスセンチュリオンだけの特典・サービス

初年度だけでも70万円以上の費用差、2年使うと100万円以上も変わってくるアメックスセンチュリオンカードとアメックスプラチナカード。どのような特典やサービスがあるのかをご紹介します。

センチュリオン・パーソナル・コンシェルジュ

この特典は多くの方がご存知かと思います

センチュリオンカードホルダー一人ひとりに専属のパーソナルコンシェルジュが付きます。

センチュリオンカードと同時に、上記のようなコンシェルジュ直通の番号が書いてあるカードも届きます。

この番号にかければ専属のコンシェルジュに繋がり、本人確認などを省いて要件を伝えることができます。

ただ、旅行の手配やレストランの予約などはコンシェルジュではなく、専門部署に回されることがほとんどです。個人的な見解ですが、この専門部署はプラチナ、センチュリオン共通だと思います。

専属コンシェルジュから他部署に回された時点で本人確認などが必要となってくるので結局プラチナコンシェルジュデスクと変わらないかもしれません。

国内航空券アッパーシートプログラム

センチュリオンパーソナルコンシェルジュを通して宿泊の予約+日本航空(JAL)または全日空(ANA)の国内航空券を普通運賃で購入した場合、JALファーストクラス、またはANAプレミアムクラスに無料で変更。

アッパーシートプログラム適用条件

  • パーソナルコンシェルジュデスクを通した予約のみ
  • JALファーストクラス、ANAプレミアムクラスに空きがあった場合のみ
  • センチュリオンカード基本会員のみ
  • 普通運賃で購入した場合のみ

いつもツアーや割引航空券、またはマイルを使っているので普通運賃がどれくらいなのか良くわかりません。

国内線の場合、飛行距離が短いので普通運賃エコノミーと割引運賃のファーストではそこまで大きな違いもなさそうな気がしますが。

基本カード会員のみなので家族旅行などでも使えないサービスだと思います。仕事で出張がある人向けかな。

エアライン・メンバーシップ(エミレーツ航空)

エミレーツ航空の上級会員ステータス、フリークエント・フライヤー・プログラムのゴールドを無料で得ることができます。

以前はアメックスプラチナでもキャセイパシフィック航空の上級会員ステータスを得ることができましたが、数年前になくなりました。プラチナ会員にはエアラインメンバーシップは完全になくなったかと思います。

エミレーツ航空のゴールド会員は上から2番目のランクです。通常だと50回のフライトが必要なので達成が難しいステータスであることは間違いありません。

ゴールド会員であれば空港ラウンジも使えます。

ただ、エミレーツ航空と言えばアラブ首長国連邦のドバイを本拠とする航空会社なので、日本からだとドバイ行きくらいしか利用する機会がありません。

ドバイに行くとしたらビジネスかファーストを使うと思うので、ラウンジは使えるでしょうし、マイル優遇があっても頻繁には乗らないし、そこまで優れた特典かと聞かれると微妙な感じがします。

VIPエアポートサービス

海外旅行の際、現地での入国、現地からの出国を係員が同行しサポートしてくれます。

VIPエアポートサービス適用条件

  • パーソナルコンシェルジュを通した日本発着、ビジネスクラス以上の航空券購入

VIPエアポートサービス対象路線

  • ロンドン
  • パリ
  • ローマ
  • ミラノ
  • 香港

マイナーな国だと入出国で迷うかもしれませんが、上記のようなメジャーな国だとサポート無しでも困らない気がします。

エアポート送迎サービス(海外)

海外での空港とホテル間を往復無料送迎。

エアポート送迎サービス(海外)適用条件

  • パーソナルコンシェルジュを通した日本発着、ビジネスクラス以上の航空券購入

エアポート送迎サービス(海外)対象路線

  • ロンドン
  • パリ
  • ローマ
  • ミラノ
  • 香港
  • ニューヨーク
  • ロサンゼルス
  • ラスベガス
  • サンフランシスコ
  • ホノルル

これは意外と使えるサービスかと思います。パーソナルコンシェルジュを通して航空券を買うと格安航空券サイトよりは若干高いかもしれませんが、公式やJTB、HISで航空券を買うのと同程度の価格になると思います。

個人手配の旅行だと空港→ホテル、ホテル→空港も自分で準備するのが面倒なのでアメックス経由の方が楽ですね。無料なら尚更。

エアポート送迎サービス(国内)

指定の場所から国内の対象空港までを往復無料送迎。

エアポート送迎サービス(国内)適用条件

  • パーソナルコンシェルジュを通した日本発着、ビジネスクラス以上の航空券購入、または海外パッケージツアーの購入

エアポート送迎サービス(国内)対象空港

  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

当然のことですが、福島から羽田空港や九州から関西空港とかの送迎はできません。県内、もしくは隣県、タクシーで移動できる範囲です。

東京23区から羽田も多少面倒ですし、成田はかなり面倒です。これを無料で往復送迎してくるというのは大きいですね。

パーソナルコンシェルジュを通してビジネス以上を予約すれば自宅→空港、空港→ホテル、ホテル空港、空港→自宅の全てを無料で送迎してくれるということになります。

アメックスプラチナの時はコンシェルジュを通した予約でも無料ではなく割引適用だった気がします。

手ぶらチェックインサービス

自宅で預けた荷物を海外到着空港のターンテーブルで受け取ることができます。

手ぶらチェックインサービス適用条件

  • パーソナルコンシェルジュを通した日本発着、ビジネスクラス以上の航空券購入
  • JAL国際線のみ

手ぶらチェックインサービス対象空港

  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

※ハワイ、グアム、サイパンを含む米国経由便は対象外

自宅から空港までは無料で配送してくれますが、空港で受け取って改めてチェックインの際に預ける必要があります。

空港受け取り→航空会社チェックインカウンター、この手間を軽減してくれるだけのサービス。そこまで短縮とはならなそうな気がします。

プライオリティ・パス

世界1,000ヶ所以上の空港にあるプライオリティパスラウンジを利用することができます。

プライオリティパス自体はアメックスプラチナでも無料で受けられる特典です。

ただ、プラチナの場合は同伴者1名のみ無料です。センチュリオンは同伴者2名まで無料となります。

家族旅行の場合、家族カードを発行しておけば同伴者1名まで無料でも十分な気がします。友達との旅行、または大家族とかであれば同伴者2名まで無料というのはありがたいかもしれません。

プライオリティパス対応のラウンジはイマイチなところが多いので、ビジネス以上の航空券であればその会社のラウンジを使ったほうがいいかと思います。

センチュリオン・ファイン・ホテル・アンド・リゾート

ファイン・ホテル・アンド・リゾートにセンチュリオン会員限定の対象ホテルがプラスされています。

センチュリオン・ファイン・ホテル・アンド・リゾート参加ホテルグループ

  • アマン
  • ザ・ペニンシュラホテルズ
  • セントレジス ホテル&リゾーツ
    ベルモンド
  • マンダリン オリエンタル ホテル グループ
  • オトカーコレクション
  • ローズウッド・ホテル&リゾーツ
  • ウォルドーフ・アストリア・ホテル&リゾーツ

いずれもラグジュアリーホテルです。小さい子連れだとあまり使う機会がないかもしれません。大人のみ、もしくは子供が少し大きくなってからなら利用する機会もあるかと思います。

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツメンバーシップ

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツのゴールデンサークル【ダイヤモンド会員】になれます。

アメックスプラチナの場合はゴールデンサークル【ジェイド会員】となり、ダイヤモンドの一つ下となります。

ダイヤモンド会員はゴールデンサークルでももっとも上位の会員レベルであり、本来は年間50泊または25回の滞在が必要です。

シャングリラホテルにはホライゾンクラブというラウンジがありますが、ジェイド会員では対応ルームに泊まらないと使うことができません。ダイヤモンド会員であれば無条件でホライゾンクラブを利用することができます。

ヒルトン・ホテルズメンバーシップ

ヒルトン・オナーズの【ダイヤモンド会員】になれます。

アメックスプラチナの場合はヒルトンオナーズ【ゴールド会員】となり、ダイヤモンドの一つ下となります。

ダイヤモンド会員はヒルトンオナーズでももっとも上位の会員レベルであり、本来は年間60泊または30回の滞在が必要です。

ヒルトンホテルにはエグゼクティブラウンジがありますが、(ないホテルもあります)ゴールド会員では対応ルームに泊まらないと使うことができません。ダイヤモンド会員であれば無条件でエグゼクティブラウンジを利用することができます。

インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツメンバーシップ

IHGリワーズクラブの【プラチナエリート】になれます。

アメックスプラチナではIHGリワーズクラブのメンバーシップはなかった気がします。

IHGリワーズクラブのプラチナエリートは最上位ではなく2番目の会員レベルとなります。優先チェックインや部屋のアップグレードなどはありますが、ラウンジの利用はありません。他のホテルのメンバーシップのゴールド相当の会員レベルだと思います。

センチュリオン・カード・アシスト

海外旅行で困った時に対応してくれます。

各国ごとにセンチュリオンカード専用のホットラインが設けられており、トールフリーで電話することができます。

海外旅行で病気や怪我をしてしまった時、トラブルが発生してしまった時などは役立ちそうです。

ただ、アメックスプラチナコンシェルジュデスクでも海外サポートはしてくれると思うのであまり大きな差はないかと思います。

クリスティーズ・オークション

世界で最も長い歴史を誇るオークションハウス クリスティーズをご紹介。

クリスティーズジャパンのスタッフが、オークションへの参加のお手伝いをしてくれるようです。

オークション参加は全く興味がないので覚えていませんが、確かプラチナにはなかった特典だと思います。

プライベートクラブ

香港と上海にある会員制のプライベートクラブの利用が可能。

クラブというか、お店の名前で調べてみるとレストランのようです。

日本でいう「一言さんお断り」のお店に行けるということだと思います。

香港と上海の店舗しか書いてなかったのであまり使う機会はないかもしれません。

通貨盗難補償(保険)

海外旅行中に携行している通貨(現金・小切手)が盗難にあった場合、1旅行につき10万円まで補償。

これもアメックスプラチナにはなかった保険だったと思います。海外で現金を盗まれてしまった場合、申請すれば戻ってくるというもの。

盗難は間違いなく対象だと思いますが、落としてしまった場合はどうなるのか?落としたのか盗まれたのかわからない場合が大半だと思いますが…。

旅行傷害保険

補償の内容自体は変わらないと思いますが、センチュリオンの場合は全て自動付帯。

プラチナの場合は利用付帯になります。プラチナも一部自動付帯となっているので大きな差はないかもしれません。

センチュリオンの場合は家族カードも自動付帯になるようなので家族で海外旅行に行く場合は保険に入る必要がなくなりますね。

個人的に使えると思う特典・サービス

ここからは個人的に使えるなと思ったアメックスセンチュリオンの特典・サービスをご紹介します。

アメックスプラチナの特典・サービスと重複しているものもあります。プラチナ保有者で利用したことがない方はぜひ使ってみてください。

センチュリオン・パーソナル・コンシェルジュ

正直、プラチナコンシェルジュとの違いは全く感じられませんが、海外のホテル予約やレストラン予約など、英語や現地語が必要な場合によく使います。

HISなどの予約代行は有料なのでこちらを使ったほうがいいですね。アメックスプラチナコンシェルジュでもホテル予約やレストラン予約は無料で対応してくれます。

エアポート送迎サービス(国内・海外)

パーソナルコンシェルジュを通した日本発着、ビジネスクラス以上の航空券購入が条件ですが、それで自宅→国内空港、海外空港→海外ホテル、海外ホテル→海外空港、国内空港→自宅の4路線を全て無料で送迎してもらえるのは大きいかと思います。

次回、個人手配の海外旅行をするときは頼んでみようかと。ただ、マイルを使った場合は対象外となりそうです。

手荷物無料宅配サービス

これはアメックスプラチナでも同様のサービスを受けることができます。

正直、アメックスで一番使えるサービスだと思います。

コンシェルジュを通さない旅行でも、このサービスは別途使うことができます。

自宅からスーツケースを空港まで無料で持って行ってくれ、帰国後も空港から自宅まで無料でスーツケースを運んでくれます。

出発の際は事前申し込みが必要で、出発日の2日前くらいに自宅に集荷しに来てくれます。

海外旅行をするときは必ず使っているサービスです。

手荷物無料宅配サービスのWEB申し込みページ

ヒルトンオナーズダイヤモンド会員

国内外のヒルトンホテルに泊まることが多いのですぐに申し込みました。

アメックスプラチナではゴールド会員となれます。朝食はついてきますがラウンジ利用はできません。

エグゼクティブラウンジのあるヒルトンホテルの場合、カクテルタイムでアルコールも無料になるのでお得ですね。

グアムのヒルトン、お台場のヒルトン、沖縄のヒルトンなどで使うこととなりそうです。

アメックスセンチュリオン限定特典・サービスまとめ

アメックスセンチュリオン特典として、個人的に使えると思ったのはこんなところでしょうか。

センチュリオンとプラチナの価格差を考えると全く元は取れないと思います。

まーセンチュリオンカードを申し込む人の大半が、元を取ろうというよりはステータスとして持ちたいと思っているはずかと。

エルメスのバーキン、パテックの時計、レクサスなど、元を取ろうとして買おうというよりも自己満足の世界ですよね。アメックスセンチュリオンカードも個人的にはそんなところだろうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。