アメックスセンチュリオンカード

アメックスセンチュリオン(アメックスブラック)のチタンカードとは

アメックスセンチュリオン(アメックスブラック)のチタンカードが届きました。

ご存知の方も多いと思いますが、アメックスセンチュリオンカードは通常のプラスチックカードの他に、希望すればチタン製のブラックカードももらえます。

アメックスセンチュリオンのチタンカードがどんなものが書き残しておきます。

アメックスセンチュリオンのチタンカードが届くまでの流れ

アメックスセンチュリオンのインビテーション(申し込み)→プラスチック製のブラックカードが届く→チタン製のブラックカードが届くという流れです。

これまでの流れは下記の2記事となりますのでご覧ください。

アメックスセンチュリオンインビテーション
アメックスセンチュリオン(アメックスブラック)のインビテーションが来た話2018年6月上旬、アメックスセンチュリオンカード(アメックスブラックカード)のインビテーションが来ました。 アメックスセ...
アメックスセンチュリオン(アメックスブラック)カード到着2018年6月上旬にアメックスセンチュリオン(アメックスブラック)のインビテーション、その後一週間ほどでカードが到着しました。 ア...

アメックスセンチュリオンのインビから1週間程度(正確には8日)でアメックスセンチュリオンカード、セカンドセンチュリオンカード、家族カードが全て届きました。

そこから更に2週間、インビテーションからだと3週間でチタン製のブラックカードが届きました

自分と妻のが同時に届きましたが封筒は2つに分かれています。1つの封筒に1枚ずつチタン製ブラックカードが入っています。

アメックスセンチュリオンのチタン製カードを申し込める人は?

チタン製カードはセンチュリオンカード保有者、つまり基本カード会員と配偶者のみとなります。

アメックスセンチュリオンは家族カードも4枚発行できますが、そちらはブラックカードではなくプラチナカードとなります。

つまり、プラチナの家族カードではチタン製カードを申し込むことはできません。

プラスチックカードとチタンカードの違いは?

プラスチックカードとチタンカードの違いはプラスチック製、チタン製という素材が違うのはもちろんですが、それ以外に大きく異なることがあります。

写真を見ればわかるかと思いますが、チタンカードにはICチップが埋め込まれていません

以前はICチップ付きのチタンカードもあったようですが、読み込めなかったりとトラブルが多かったようでチップ無しに戻ってしまったようです。

ICチップが無いとどうなる?

クレジットカードにICチップが埋め込まれていない場合、パスワードを入力するタイプの決済で使うことができません

また、ICチップの他にwifiのようなマークが無いのも写真でわかるかと思います。これは非接触決済、つまり電子マネーのようなタッチで決済するタイプも使えません。これもICチップが無いことが原因です。

金属製クレジットカードにICチップは付けれないのか?

これだけ技術が発達した2018年において、「読み取りが悪い」「トラブルが多い」ということをクリアできないのか?という疑問は当然出ますよね。

調べてみると、ラグジュアリーカードというMastercard最上位クラスはチタン、ゴールド、ブラック、全てが金属製のようです。

ラグジュアリーカード公式ページ

で、画像を見るとICチップが埋め込まれていますね。つまり、金属製カードでもICチップを埋め込むことは可能だと思います。

ただ、ラグジュアリーカードの公式ページを見ると「1枚のカードに41もの特許技術が用いられ」と書かれているので、特殊な製法がないとICチップを埋め込めないのかもしれません。

ICチップ付きの金属製カードが欲しい場合はラグジュアリーカードを申し込むのが早いのかもしれません。

アメックスセンチュリオンのチタン製カードは実際に使えるのか?

金属製であることは確かですが、それほど重くもなく、個人的にはおもちゃのカードのようにも思えてしまいます。

実際のところ、このチタン製カードを実店舗で決済として使えるのかどうか。

当然ですが使えます。使えると公式に書かれています。ただ、まだ一度も使ったことはありません。

ICチップ付きのプラスチックカードを持っているのに、わざわざチタン製カードを持って行くのがちょっと恥ずかしいというのが一番の理由です。

パスワード入力タイプの決済しか導入していないという実店舗は少ないと思いますし、レストランやデパート、路面店でも大体はサインするタイプの決済なので問題なく使えると思います。

普段はマネークリップしか持ち歩いていないのでクレカだけで2枚も持つのは邪魔なんですが、今度どこかで使ってみたいと思います。

むしろこの記事を書く前にどこかで決済してみれば良かったですね。いつか追記で書いておきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。